amazon大口出品と小口出品の違い 個人登録でも大口を選ぶ理由とは?


スポンサーリンク

この記事は 2 分で読むことができます。

amazon大口出品と小口出品の違い 個人登録でも大口を選ぶ理由とは?

 

どうも。

むつです。

 

今回はAmazonで商品を販売する際の、出品プランについて解説していきます。

 

Amazonで商品を販売する場合、Amazonの販売アカウントを作成する必要があります。

 

商品を出品する場合は、さらに「大口出品」と「小口出品」の2つの出品プランのどちらかの出店形態を選びます。

 

どちらの出品プランにも「メリット」、「デメリット」があります。

 

私も最初に出品プランを選ぶときには、どちらにしようか結構迷いました。

個人登録でしたので「小口出品」でもいいかなと思ったんですが、ちょうど「大口出品 料金3か月無料キャンペーン」がやっていたので、思い切って大口出品者から始めたんですよね。

 

でも、とりあえず「アカウントだけ登録したい」という方もいると思います。

まずはプランの内容を確認して、ご自身に合ったプランを選んでいきましょう。

月額利用料

riyouryou

出典:Amazon出店サービス 大口出品と小口出品の違い

 

大口出品

利用料金が月額4,900円かかります。

ただし、商品を何点販売しても「基本制約料金」はかかりません。1ヶ月に商品を49点以上販売する場合は、大口出品者の方がお特ですね。

企業だけではなく、個人登録のアカウントでも問題なく「大口出品」は選択可能ですよ。

 

小口出品

月額の利用料金は無料になります。

ただし、商品を1つ販売するごとに、「基本成約料金」が100円かかります。

1個売れると100円かかってしまうので、たくさん商品が売れてしまうと、思いのほか「基本成約料金」がかさんでしまうことがあります。

1ヶ月に商品を49点以上販売するなら、「大口出品」がいいでしょう。

 

各種便利機能

tool

出典:Amazon出店サービス 大口出品と小口出品の違い

大口出品者には、便利な機能がたくさん提供されています。

 

ファイルを使って大量の商品を簡単に登録できる「括出品ツール」を利用することができます。

大量出品する場合は、ファイルで一括商品登録すれば作業の効率化になりますね。

 

また、注文管理レポートやデータ分析レポートなどの、各種レポート機能も便利です。

このデータ分析レポートは、

・自分の商品がどれだけお客さんに見られているか

・カートボックスをどれくらいの確率でとれているか

といった、商品の売り上げに直結するデータを見ることができます。

 

「売れない商品の原因」などが分かるので、レポートは重要な機能なんですね。

biz_report

 

 

また、大口出品者だと「配送料金個別設定」を使って、商品ごとに配送料を変更することができます。

「配送料金個別設定」を使えば、商品を自己発送する際に「送料無料」とアピールして、商品代金に送料を上乗せするといった販売方法も可能です。

 

「送料無料」となっていると、お客様に選んでもらいやすくなりますからね。

 

購入者への決済方法

出典:Amazon出店サービス 大口出品と小口出品の違い

大口出品者は通常の決済方法に加えて、

・コンビニ決済

・代引き

・Edy払い

が追加されます。

決済方法が多いと、購入率が高くなります。

 

 

カートボックス獲得

これは、かなり重要です。

Amazonでは「カートボックス」をとっている出品者の商品から売れていきます。

カートボックスは基本的に「大口出品者」が取得するようになっています。

また、商品価格が安い順、販売者の評価順など、カートの獲得にはいろいろと条件がありますが、「小口出品」ではカートが取れないんですよね。

 

カートボックスって?

こちらはAmazonの商品ページです。

赤い矢印の個所に「カートボックスをとっている出品者(店舗名)」が表示されています。

このまま購入者が、「カートに入れる」ボタンをポチッと押すと、今カートをとっている出品者の商品が売れる仕組みになっています。

だから、Amazon販売では、販売者同士の「カートボックス」の取得合戦になっています。

「小口出品」だと、カートボックスの獲得ができないので辛いですね。

 

 

Amazonの商品ページを少し下に移動すると、「こちらからも購入頂けます」という欄が表示されます。

「小口出品者」は、この欄から「販売者を選択してもらえると」商品が購入されることになります。

プロの人たちは、「こちらからも購入頂けます」欄から購入することも多いです。

しかし、一般のお客さんはこの欄からは購入せず、「カートに入れる」ボタンを押して購入してしまいます。

「小口出品」だと購入率は落ちてしまいます。

 

Amazonでは大口出品の商品を「優先的に商品を販売してもらえる仕組み」になっているんですね。

 

 

大口出品お試し期間

アカウントを開設する際に大口出品者で契約すると、「月額利用料金が3ヵ月無料」になるキャンペーンをしていることがあります。

時期によっては「1か月無料キャンペーン」になっていたりするので、Amazonの出品登録のページを確認してみてください。

「3か月無料」だったらチャンスですね。

3_free

 

また、大口出品にすると、「商品を売らなければ!」というように自分を追い込むこともできます^^

私は、それで「大口出品」から始めました。

 

でも、この辺は人それぞれなので、ゆっくりやりたい人は小口出品者でも問題ないですよ。

これらを踏まえて、あなたに合った最適なプランを選んでください。

 

 

Amazonで販売するには店舗名をつける必要があります。

でも、店舗名にもAmazonのルールがあるんですよね。

こちらを確認して規約違反にならないように気を付けて下さい。

↓ ↓ ↓ ↓

Amazonマーケットプレイスの店舗名を設定

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m

コメントを残す