雨が降っても自分の責任、雪が降っても自分の責任


スポンサーリンク

この記事を読み終える時間: < 1

 

どうも。

むつです。

 

「雨が降っても自分の責任」

「雪が降っても自分の責任」

これは、ビジネスでも

プライベートでも大切な心構え。

 

自分自身でビジネスをしていると、

色々なトラブルや失敗があります。

 

どれだけ成功して稼いでる人でも、

必ずトラブルや失敗はあるんですよね。

 

こういったトラブルがあったときにとる行動で、

自分自身を成長させることができます。

 

投げ出したくなる気持ちを抑える

トラブルやアクシデントが起こったときに

何かのせいにして

責任を投げ出してしまいたくなりますよね。

 

自分の責任じゃないトラブルならなおさらです。

 

でも、

  • 自分のせいじゃないんだから
  • 自分は悪くない
  • 会社が悪い
  • 世間が悪い
  • 運が悪かっただけ

それで片付けてしまっては

そこから何も成長しなくなってしまいます。

 

雨が降っても自分の責任なんて、

「さすがに天気のことは自分のせいじゃないでしょ?」

と言いたくなるかもしれませんが

そんな気持ちも、一度グッと抑えてみてください。

 

失敗から学ぶことも多い

learning

何かのせいにすると

気持ちは少し楽になりますが、

トラブルや失敗から何も学ぶことが出来なくなってしまいます。

 

  • どう対応すれば良かったのか
  • 改善点はないか
  • 次に同じことがあったらどうすればいいか
  • そもそもトラブルを起こさないためには

トラブルや失敗からは、学べることが沢山あるんですよね。

 

これができないと、また同じようなトラブルを招いたり、

同じ失敗を繰り返してしまう可能性もあります。

 

何かのせいにしても何も得られない

  • 親のせい
  • 教師のせい
  • 友達のせい
  • パートナーのせい
  • 会社のせい
  • 上司のせい
  • 環境のせい
  • 天気のせい

理由を探せば、いくらでも見つかる。

でも、何かのせいにして気持ちを楽にしたところで何も変わりません。

 

自分に非がなかったとしてもそこから学べること、

得られることは必ずあります。

 

自分でビジネスを展開するなら、

自分の責任で判断していかなければいけません。

「雪が降っても自分の責任 」

「雨が降っても自分の責任」

というのは、起きた物事をどう捉えるか、

それを踏まえてどう行動するかという

心構え、マインドセットなんですよね。

 

 

心構えができていると、

トラブルがおきても対応が早くなるし、

失敗しても気持ちの切り替えが

出来るようになりますよ。

 

 

トラブルや失敗があった場合、

その時に何をどう選択するかが大切。

 

今の1つ1つの選択が将来を作っていくので、

トラブルや失敗を恐れないで

トライ&エラーを繰り返して

1歩ずつ進んでいきましょう。

 

まとめ

  • 失敗から学ぶことは多い。
  • 何かのせいにしても何も得られない。
  • 選択してきた結果が今の自分。
  • トラブルや失敗を恐れずに行動しよう。

 

自分だけは自分の成功を信じましょう。

メンタルは重要ですからね。

↓ ↓ ↓

誰も信じてくれない状況でも 強い意志を持つことの重要性

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m

コメントを残す