amazonせどりでもおすすめなクレジットカード 現金仕入れは損をする理由


スポンサーリンク

この記事を読み終える時間: 2

 

どうも。

むつです。

 

ネットビジネスをする場合、色々なサービスや支払いをするときにクレジットカードが必要になります。

 

また、Amazonやヤフオクのアカウントを作成するときにも、カードが必要になります。

クレジットカードは「本人確認」に使うこともあるんですよね。

 

 

「せどり」でも、「中国輸入」でも、「タイ輸入」でも、クレジットカードを使うことをお勧めします。

ちなみに、私はカードを10枚持っていますよ。

 

 

また、カードで支払いをすれば、かなりのポイントがたまります。

実際、私も毎月「3万円分」くらいのポイントが貯まっています。それだけでも結構な利益になりますよね。

カードではなく「現金」で仕入れてしまうと、毎月「数万円の損」をしてしまうことにもなります。

 

 

ただ、クレジットカードは、作るまでに時間がかかります。

カードを持ってない方は、できるだけ早く用意するようにしましょう。

いざ、使おうと思ってからカードを作ると、カードが届くまで先に進めませんからね。

 

 

Yahoo!Japanカード (YJカード)

Yahoo!を利用するなら作っておいて損はないカード。

 

Yahoo!Japanカードのポイント還元率は1%。

年会費無料のカードで、審査も速く通りやすいカードです。

カードを利用するとTポイントが貯まります。

 

 

「ヤフー!ショッピング」や「ヤフオク」を利用する場合でも、Tポイントが貯まるし使える。

Tポイントは、提携店でも現金と同じよう使うことができます。

出典:ヤフーカードのお得な使い方

 

Yahoo!Japanカード(YJカード)は

VISA、MasterCard、JCBから選べる。

おすすめはJCB。

 

 

JCBを選ぶと「nanaco機能」が付いてくるうえ、「nanaco」へチャージするだけでポイントが貯まります。

 

しかもコンビニでは、税金をnanacoで支払うことができます。

nanacoで税金を支払うだけで、ポイントが貯まります。

・軽自動車税

・不動産取得税

・固定資産税

・自動車税

・住民税

・所得税

・国民健康保険

・国民年金

これだけの支払いにポイントを付けることができます。

現金で支払うのはもったいないですね。

 

また、カード入会で5000~8000ポイント貰えます。

年会費無料なので、カードを使わなくても1円もかかりません。

カードを作って、ポイントだけ貰ってしまうのもいいでしょう。

↓ ↓ ↓ 

 

 

楽天カード

楽天カードも年会費無料カードでは優秀なカードです。

楽天カードのポイント還元率は1%。

 

審査が非常に緩いので、作りやすいカードとしても有名ですね。

他のカードが審査落ちして作れなくても、「楽天カードなら作れる」というのはよく聞く話です。

出典:楽天スーパーポイントとは

 

 

 

楽天カードもVISA、MasterCard、JCBから選べます。

JCBを選べば、「Yahoo!Japanカード」と同様にnanaco機能が付いてきます。

 

楽天でもポイント獲得キャンペーンを常に実施しています。

 

 

楽天ポイントは、楽天のサービスを利用するなら利点は大きいですね。

・楽天市場

・楽天トラベル

・楽天ブックス

・ケータイ版楽天市場

・楽天GORA

・楽天kobo

 

入会で5000~10000円分のポイントもらえるので、とてもお得。

入会ポイントの最新情報はこちらから確認してください。

↓ ↓ ↓

 

 

効率的な使い方

カードのブランドは分ける

カードはたまに「JCBブランドは使えません」ということがあります。

カードを複数作る場合は、「一枚目はJCB」「二枚目はVISA」というように、カードのブランドを分けて作るようにしよう。

 

引き落とし日を変える

クレジットカードは、引き落とし日を選択できる場合があります。

カードを複数枚もつ場合、引き落とし日をずらして契約するのもポイントです。

 

 

「1枚目のカードの請求は月の中頃」で、「もう一枚の請求は月末」とすれば、資金をうまく回していくことができます。

 

 

クレジットカードは、効率よく利用してビジネスを回していきましょう。

 

まとめ

「せどり」「中国輸入」「タイ輸入」どのビジネスでも、クレジットカードは必要になります。

年会費無料のカードなら持っていても1円も損をしませんので、できるだけ多く持っておいたほうがいいですね。

・利用目的を決めてカードを作る。

・よく利用するサイト、店舗のカードを作る。

・複数作る場合はJCB、VISAなどを分けて作る。

・請求日を分けて作る(出来ないクレカもある)。

 

 

 

ネットビジネスでは、銀行口座もたくさん持っておいたほうがいいです。

販売アカウント1つにつき、口座が1つ必要になったりしますからね。

ちなみに、私は銀行口座を11個持っています。

 

銀行口座は無料で作れますので、今のうちに作っておきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓

ネットビジネスで使う銀行口座の選び方

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m

コメントを残す