ネットビジネスで自由と成功を手に入れるためのブログ

FBA要期限管理商品取り扱いを解除【納品できる商品を増やす方法】


スポンサーリンク

FBA要期限管理商品取り扱いを解除【納品できる商品を増やす方法】

 

先日、アマゾンFBAに送った商品が

「FBA要期限管理商品」

に該当したため納品できませんでした。

 

 

 

「要期限管理商品」とは?

■食品全般(サプリメント、食玩、ペットフードなども含む。)

■食品以外で消費期限(使用期限)がある商品

食品や、パッケージに消費期限などが

印字されている商品のこと。

 

 

「要期限管理商品」は下記のように特別な運用をしています。

1:消費期限が近い商品から発送

2:消費期限までの期間が45日以下となった在庫は自動的に「廃棄」

3:商品(ASIN)ごとに事前に申請が必要な場合がある

4:出品許可を得た出品者のみが取扱い可能

※ルールの違反があった場合、FBAでの「要期限管理商品」が取扱い禁止になる。

※大口出品者のみ利用可能。

 

 

 

 

テクニカルサポートに相談したところ

「解除申請をしてテストに合格すると

特別に納品が許可されます。」

との回答を頂いたため、

早速、試験を受けてみました。

 

 

 

最初に動画とPDFファイルでFBA要期限管理商品について学習し、

その後、ブラウザ上でテストを行います。

 

テストは選択式になっていてPDFファイルを見ながら進めます。

 

 

「あれ?もう終わっちゃった。」

 

と思ったくらいなので、それほど難しくはありません。

 

受講とテストは30分~40分程度あれば終わります。

 

 

テストに合格すると合格通知メールが送られてくるので

「FBA要期限管理商品」

を納品することが出来ます。

 

 

 

FBA要期限管理商品については通常のFBA納品とは異なり

特別なルールを守る必要があります。

 

 

 

 

消費期限の印字のルール

1)YYYY(年)/MM(月)/DD(日)(年・月・日の順番であることが必須。)
取扱い可能な例:2014年1月10日、2015/06/30 、平成16年1月10日など

2)YYYY(年)/MM(月)もしくはMM(月)/YYYY(年)

 

食品&飲料ストアもしくはペット用品ストア以外で

消費期限の印字のある商品を出品する場合は事前申請が必要です。

 

 

 

FBA出荷時のルール

・1つの箱に「要期限管理商品」ではない商品と同梱してはいけない。

・同一ASINの商品は全て同じ賞味期限のものを納品する。

・Amazon到着時に消費期限まで60日以上残っている。

・賞味期限が違う場合は、別々に納品する必要がある。

・輸送箱にA5以上の紙で「要期限管理商品」のラベルを貼る。

 

このように、制約がたくさんありますが

その分ライバル出品者も少ないカテゴリーです。

 

 

もし、誤って「要期限管理商品」を仕入れてしまったら

 

「うわー。失敗した!」

 

と落ち込まずに

 

要期限管理商品取り扱いの解除を行う絶好の機会だと思いましょう。

 

 

 

申請はとっても簡単ですので是非、挑戦しましょう。

 

 

 

 

 

迷った場合はすぐにテクニカルサポートへ連絡

 

丁寧に教えてくれますよ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FBA アマゾン出品で悩んだらテクニカルサポートへ【迅速・丁寧・的確な回答】

 

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール(むつ の実績)

プロフィール(むつ の実績)

1か月の総売り上げ110万円突破!

Amazon 1ヶ月の売り上げ実績

Amazon 1ヶ月の売り上げ実績

ヤフオク アカウント① 1ヵ月の売上実績

ヤフオク アカウント① 1ヵ月の売上実績

ヤフオク アカウント② 1ヵ月の売上実績

ヤフオク アカウント② 1ヵ月の売上実績

中国輸入教材

中国輸入教材

中国輸入300ページ以上のマニュアル
期間限定無料プレゼント
⇒マニュアルを受け取る