ネットビジネスで自由と成功を手に入れるためのブログ

イクメン 意味と特徴【パパの子育て参加は家族を幸せに】


スポンサーリンク

イクメン 意味と特徴【パパの子育て参加は家族を幸せに】

 

 

 

「パパとママどちらか選べないよ」

 

 

 

「パパとママどっちが好き?」

一度は子どもに聞いたことが

あるのではないでしょうか。

 

子どもを困らせる質問。

大人はこの手の質問が大好きです。

 

 

子どものほとんどは

「ママ」と即答するでしょう。

うちの子もそうでした。

 

しかし

3歳をすぎてからは、

「ママとパパどちらか選べない」と

答えるようになった。

 

 

思い当たるきっかけは、3歳から子どもを

保育園に預け働きだした。

 

保育園の送り迎えは、仕事が早く終わった

方が迎えにいき、休日は父親が子どもと

二人で過ごすことが増えた。

 

 

 

私が働きだしたことで、子どもと夫の

かかわる時間が増えていった。

 

 

少し寂しい気持ちにはなったが

子どもにとって父親という存在が

大きくなったのではないかと嬉しくも思った。

 

 

■父親が子育てにかかわる意義

父親が子育てにかかわる意義を考えた。

最近では子育てに関わるパパをイクメンと呼ぶそう。

 

男性である父親は「たかいたかい」など

体を使ったダイナミックなかかわりが特徴的。

 

 

抱っこの仕方も母親が優しく包み込むような

抱っことは異なり、父親はラフな遊びのある

抱っこをすることが多い。

 

絵本の読み方も母親は声が高く

優しいのに比べて、父親は声が低く抑揚がある。

 

 

 

子どもは、その時に自分がしてほしい内容によって、

父親と母親のどちらかを判断し、相手を求めている。

 

体を使って遊ぶのは父親と楽しく遊べても

転んで痛くて泣いた時や、

眠くてどうしようもないときは

母親でなければ駄目なことが多い。

 

 

父親の役割と母親の役割を明確に

分けることはできないが、

母親的な包み込むようなかかわりと、

父親的なダイナミックなかかわりの

両面が子どもの育ちに大切になる。

 

 

 

共働きだから、子どもとかかわる時間が

少ないと心配する親もいるが、

時間は短くても自分と遊んで

くれたことは「愛された」記憶として残る。

 

 

私自身も親が共働きだった。

自営業で土日もほとんど親は仕事で

祖父母に預けられていた。

 

しかし、小学生のころ2回だけ

父親がボーリングへ連れていってくれたのは

今でもはっきりと覚えている。

 

 

昔はイクメンという言葉は無かったが、

忙しい中でも子どもと過ごす時間を大切に

してくれたのだと思う。

 

 

 

父親自身も子育てにかかわることで、

家族とのかかわりができる。

 

家族から必要とされる存在になる。

これはかけがえのないことです。

 

 

 

■父親が子育てに関わる効果

ある調査によると、

家事、子育てに夫がかかわるほど、

妻の生活への満足度が高い特徴が

あることがわかった。

 

妻の幸せは夫が鍵を握っているといっても

過言ではないという調査結果になる。

 

 

妻は、子育ての大変さについて誰よりも

夫に理解してほしい、

もっと話を聞いてほしいと思っています。

 

夫の役割は妻の支えになるかが

非常に大事になる。

 

 

母親の幸福感は子どもに好影響。

 

 

イクメンは、子育てを楽しみ、

自分自身も成長する男性のことを意味します。

「パパの子育て参加は家族を幸せにします」

 

 

 

子供のトイレトレーニングはストレスになる人が多い。

でも、視点や環境が変わるとあっという間に。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

トイトレ いつから?おむつが外れないのはおかしい?【3歳 4歳子供は群れの中で成長】

 

当ブログの管理人 むつ が作成した
大ボリュームのマニュアルを期間限定で無料プレゼント中。

登録すると3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちらから。
↓ ↓ ↓

syouzai_download_gazou_dai3


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール(むつ の実績)

プロフィール(むつ の実績)

1か月の総売り上げ110万円突破!

Amazon 1ヶ月の売り上げ実績

Amazon 1ヶ月の売り上げ実績

ヤフオク アカウント① 1ヵ月の売上実績

ヤフオク アカウント① 1ヵ月の売上実績

ヤフオク アカウント② 1ヵ月の売上実績

ヤフオク アカウント② 1ヵ月の売上実績

中国輸入教材

中国輸入教材

中国輸入300ページ以上のマニュアル
期間限定無料プレゼント
⇒マニュアルを受け取る