janコードの取得費用は意外と安い 個人でも簡単なバーコード作成方法


スポンサーリンク

jan コード 取得 費用は意外と安い 個人でも簡単にバーコードを取得

handspin

 

 

「輸入した商品をAmazonで販売したいけど、

Amazonに商品ページが無い」

 

Amazonでは沢山の中国商品が販売されている。

 

既にAmazonに商品ページが

作られている場合は、

その商品ページに相乗りすることで

簡単に出品、販売することが可能。

 

 

Amazonには無い中国商品を

新たに販売したい場合は、

Amazonに商品ページを作る必要がある。

 

Amazonに新しく商品ページを作る場合、

janコードがあれば簡単に

商品ページを作ることができるけど、

輸入した中国商品等には

janコードが付いてないんだよね。

 

 

janコードが無くても

商品1つ1つを

Amazonに申請することで

商品ページを作ることは可能。

 

ただ、Amazonへの手続きは

とても面倒で

時間がかかってしまうんだよね。

 

 

 

Amazonも商品ページの作成には

janコードを使うことを推奨しているよ。

 

janコードは簡単に個人でも

取得することができるので、

janコードを使って

新しい商品ページを作ってみよう。

 

janコードとは⬛

JAN(Japanese Article Number)コードは、

日本で使われている商品の管理コード。

 

お店で商品を買うときに、

レジのスキャナーで商品データを読み取る

「45」「49」で始まるコード。

jancode

 

Amazonの商品ページでも

jan eanとして記載されていることがある。

amazon_page

 

ジャンコードの取得方法

ジャンコードを取得するためには

GS1事業者コードを登録する必要がある。

 

ネットで申請する場合は、

こちらからGS1事業者コードを登録しよう。

GS1事業者コードの登録申請方法

 

 

または、あなたがお住まいの地域の

商工会議所で

「はじめてのバーコードガイド」

という冊子をもらって

郵送で申請する方法もある。

 

ただ、ネットでの申請の方が

手続きが早く進むので

ネット申請をおすすめするよ。

 

「GS1事業者コードを登録」

と聞くと、

法人じゃなければダメなように

感じるかもしれないけど、

個人でも問題なく登録可能。

 

GS1事業者コードの登録は

個人名でも屋号でもOK。

 

GS1事業者コードの取得費用

GS1事業者コードの取得費用には

13,000円程度かかり、

コンビニや銀行振り込みで支払う。

 

申請が終わって料金を支払えば

1~2週間程度でGS1事業者コード

の登録通知書が郵送で送られてくる。

GS1_code

 

 

これでJANコードを

作っていくことができる。

 

GS1事業者コードを取得すると

JANコードを999個作ることができる。

ジャンコードは3年ごとに

更新する必要があるため注意しよう。

 

 

最後に

ジャンコードを取得すれば

Amazonに無かった商品を

販売していくことができる。

 

ただし、ただ単純にAmazonへ

商品ページを作って出品すると、

あっという間に他のセラーに

相乗り出品されてしまう。

 

相乗り出品されると、

価格崩壊が起こって

利益がとれなくなってしまう。

 

そこで大切になるのが

参入障壁を作って

セラーの相乗りを防ぐことなんだよね。

 

相乗りされなければ、

あなただけが商品を独占して

販売をしていくことも可能。

 

janコード取得費用は

それほど高くないし、

個人でも簡単に取得することができる。

 

 

ぜひ、JANコードを取得して

Amazonに商品ページを作ってみよう。

↓ ↓ ↓ ↓

Amazon独自商品の出品方法 商品ページのカタログ作成手順

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m

コメントを残す