チャトチャック ウィークエンドマーケットはタイでおすすめの仕入れ先


スポンサーリンク

この記事は 2 分で読むことができます。

チャトチャック ウィークエンドマーケットはタイでおすすめの仕入れ先

どうも。

むつです。

今回はチャックチャックウィークエンドマーケットについてお伝えしていきます。

 

チャト チャックはタイにある一番大きなマーケットです。大小たくさんの店舗や屋台が集まっていて15,000以上の店舗があります。世界最大級のマーケットともいわれています。チャト チャックはウィークエンドマーケットというだけあって開催日は土曜日と日曜日だけです。

 

ここでは、食品、雑貨、アパレル、小物、革製品、家具、ペット用品、アクセサリー、民芸品、生き物も販売しています。また、近くにはショッピングモールもあるので、揃わないものはないといってもいいくらい何でもありますね。

 

チャトチャックは、私たちにとっても重要な仕入先になります。

 

私は地元のタイ人の方と一緒に行きましたが、地元の人でも迷ってしまうくらい通路が入り組んでいてまるで迷路のようになっています。あまりに広すぎするので1ヵ月あってもすべてのお店を回ることは難しいですね。

 

美しく品質のいい商品

タイの商品は品質がよく美しいものが多いです。

 

たとえば、今回見つけた商品は巨大な貝殻から作った調理器具。

シェルプレート、シェルナイフ、シェルフォーク、シェルスプーンなど、1枚の貝殻から調理器具が作られるそうです。

光を当てる角度によって変わる貝のやわらかい光沢が美しかったですね。

実際に手にとって見ると、丁寧なつくりに感動しました。

日本でもたくさん販売されています。

楽天「シェル関連商品」

 

Yahooショッピング「シェル関連商品」

 

食器は日本の食品衛生法に該当するので、食器関連の商品を仕入れたい方はしっかりと検査を受けてください。許可がでれば参入障壁にもなって独占販売することもできます。

 

欲しい商品を決めておく

チャトチャックのような広いマーケットでは、たくさんの商品があって見ているだけでも楽しくなります。

 

ただし、「こういった商品が欲しい」「このジャンルの商品を探したい」ということを決めておかないと、色々なものに目移りしてしまって、何を仕入れればいいのか分からなくなってしまうこともあります。

 

私の場合はある程度欲しい商品とジャンルを決めていったので、そのジャンルを扱っているお店を回るようにしています。あとは、面白そうな店があったら入ってみる感じですね。どのお店でも商品を積極的にアピールしてくれるので、知らないことやわからないこともガンガン質問できます。

 

OEMもできる

タイでは商品のOEMが簡単に少ロットから注文出来ます。もちろんチャトチャックでもやってくれます。中国輸入ビジネスでは考えられないことですが、タイ輸入ではあなただけの商品を手軽に作ることができます。

こういった感じで商品の素材やカラーを好きなように変えることもできますし、素材そのものも販売してくれます。自分だけのオリジナル商品なんてワクワクしますね。

 

 

他に店舗を持っていることが多い

チャトチャックに出店している店舗は、平日はメインの店舗で営業していることがおおいです。また、直営工場を持っている店舗もありますので、気に入った商品があれば安定して商品を仕入れることもできます。

 

私が訪れた店舗は、クロコダイルの養殖場を持っていました。店主が気さくな方で、レザーの製造工程なども教えてもらえました。

 

 

他の仕入先よりも若干高い

色々と商品を見て回りましたが、チャトチャックは一般的な仕入先よりも全体的に値段が少し高いです。

それでも桁違いの店舗数と商品数なので、あなたが気にいる商品も沢山みつかるはずです。

ロット数などで価格の交渉をしてみるのもいいですね。

 

最後に

チャトチャックは土日しか開いてないマーケットです。ここでしか手に入らない商品もたくさんあります。

広大なマーケットをまわるには、しっかりと休憩をとってくださいね。

チャトチャックにはおすすめの休憩スポットがあります。

↓ ↓ ↓

JJ MALL(JJモール) 人気のフードコート料理を実際に食べてみた

 

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m

コメントを残す