輸入転売 稼げない仕入れ 本当に儲かっているのかわからない[妻の日記]


スポンサーリンク

この記事を読み終える時間: 2

輸入転売 稼げない仕入れ 本当に儲かっているのかわからない[妻の日記]

wakaranai_neko

 

「商品は売れてるけど、いくら儲かってるのかわからない」

 

 

日本の店舗で商品を仕入れてネットで販売するとしたら・・・

 

店舗での仕入れ価格に販売サイトの手数料や

送料と利益をのせて販売すると思います。

 

とてもシンプルに利益計算が可能だと思います。

 

しかし、中国から商品を仕入れる輸入転売の場合は違います。

 

商品は毎日売れているけど、売り上げはあるんだけど、

本当に儲かっているのかわからない。

そんな稼げない仕入れ現象になっていませんか。

 

 

私たちも最初の頃は、

中国輸入での利益計算がざっくりとしすぎていました。

ちゃんと計算すると意外と稼げないケースもあります。

 

その場合は、仕入れをする商品や

個数が違っているのか今後の方向性が見えてきます。

 

中国輸入での売り上げ計算で大切な点を

妻の目線でお話しさせていただきます。

 

国内販売仕入れと違い輸入では

かかるものがあります。

 

■中国輸入でかかる費用

・代行手数料

・中国内送料(購入先からの代行業者までの送料)

・運送会社までの中国内送料

・国際送料

・消費税

・振込手数料、PAYPAL手数料(支払い方法による)

・関税

 

ここで毎回違うのが関税です。

 

関税は輸入品に課される税で、

中国から日本へ荷物が届いたときに税関で発生します。

 

 

商品が日本の税関を通った後は

佐川急便や日本郵便などの配送業者で配送されて

私たちセラーの元へ届きます。

 

商品を受け取るときに配送業者の方へ

関税や代引き手数料などをまとめてお支払いします。

 

 

関税は商品の種類によってかかる料金が異なります。

革製品や靴は意外と関税が高かったりします。

 

毎回、同じ商品を仕入れている方は

そこまで驚かないとは思いますが、

最初のテスト仕入れの段階ですと

いろいろな種類の商品を仕入れることになりますので

バラつきがあります。

 

結構関税が高くて驚いたこともありました。

 

 

あとは、160サイズの段ボールで

商品が6箱もきたのに安いこともありました。

Amazonで商品を販売すると

手数料、送料、成約料など

販売にかかる料金はパソコンですぐに表示されるので

費用を明確に計算することができます。

 

 

でも、中国輸入でかかる費用は

どのように計算していいかわからない方が多いようです。

 

皆さんは上記の支出を含めて利益計算をしていますでしょうか。

 

結構、めんどくさいのでざっくりですって人が多いです。

しかし、それでは本当の利益がわかりません。

 

100万売り上げて利益が10万円ってこともあります。

実は、稼げていない場合もありますので

正確な利益計算は大切になります。

 

簡単にですが私どもは利益を簡単に計算できる

エクセルシートを作成して

毎日売れた商品の売り上げをつけています。

 

例えば、仕入れ値が16元(約300円)の衣料品でも

仕入れ商品個数、中国内送料、国際送料、関税、代行手数料等を

全ての商品等に対して割って計算しますと

仕入れ値は約480円ほどになったりします。

※仕入れ値や扱う商品、レートによって変わります。

 

中国で300円で買える商品でも、

日本に到着すると仕入れ値は上がります。

 

これを間違えてとらえていますと、

販売価格の設定もミスしてしまいます。

 

安くすれば商品は売れやすいですが

利益はほとんどなかったり

マイナスになっている場合もあります。

 

 

利用する代行業者についても

代行業者によって手数料が全く違います。

何社か利用して比較してみるのがおすすめです。

 

私たちも何社か利用しましたが今の代行業者で落ち着いています。

料金やサービス内容やメールでのやり取りなどで

安心して取引できる代行業者を選びました。

 

料金の安さ、サービス、検品の精度、配送スピードなどなど。

何が一番重要かを決めておけば

自分に合った代行業者が見つかります。

 

販売経路によって手数料が違う

Amazon販売は、FBAに納品してしまえば

Amazonが販売、発送、お客様対応も

私たちの代わりに行ってくれます。

 

販売はラクですが、手数料等が結構かかります。

 

メルカリ、フリル等のフリマサイトでも

販売したら手数料が発生します。

ですので販売手数料と送料がかかってきます。

 

自己発送ですと量が増えるとアルバイトなどを雇わないと回らなくなります。

ヤフオクで販売するならプレミアム会員料金と

販売手数料と送料等が発生します。

こちらもたくさん入札が入れば一人では対応しきれなくなります。

 

 

どの販売経路でも手数料に差がありますし

メリット、デメリットがあります。

 

でも、輸入転売はきちんと輸入での利益計算ができていますと

この販路では、商品をいくらで販売して

どの方法で発送すればいいのかスグにかわかります。

 

 

色々な販路を利用するうえでも

商品の仕入れ値を把握しておくことはとても大切になります。

 

頑張ってたくさん商品を販売しても

「仕入れ値を把握してなかったからマイナスになっていました。」

という稼げない仕入れ状態ではもったいないですからね。

 

 

そろそろ年末商戦も終盤です。

 

去年は、間違った販売をしていましたが

今年は無駄なく販売準備をしてきました。

 

過去最高の売上となりましたが、

反省点もたくさんありました。

 

アナタはいかがでしたか?

 

 

今年も残りあと少しですが

気を引き締めていきたいと思います。

 

 

そういえば、夫からカードもお金も任されてしまいました。

ちょっと責任が重いので、どうしよう。。

<<クレジットカード10枚!?夫からお金の管理も依頼される

 

 

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m

コメントを残す