子どもがいじめにあったら 先生に相談する?【親が取る対策と対処法】


スポンサーリンク

子どもがいじめにあったら 先生に相談する?【親が取る対策と対処法】

 

 

 

「子どもがいじめられてる…」

 

 

 

自分の子に対して、過保護になってないだろうか。

小学校へ入学すると、

保育園や幼稚園とは違い

たくさんの友だちと出会います。

 

自分の子はなにもしていないつもりでも…

突然、嫌がらせやいじめをうけるのでは

ないかと心配になったことはないですか?

 

もしも、子どもがいじめにあったら

どうしたらいいのでしょう。

 

 

 

■子どもの変化に気がつくために

日頃から子どもの話を興味をもって聞く。

時々は子どもと周りの友達にまざって一緒に遊ぶ。

子どもが話をしやすい雰囲気をつくる。

一人で食事させない。

 

学校との連絡帳に必ず目を通す。

教科書やノートをみて勉強におくれていないか。

教科書の不備や紛失していないか確認する。

1日でも早く子どもの変化に

気づいてあげましょう。

 

 

 

■子どもとの接し方の注意点

過度の心配や干渉をしない。

親が勝手にいじめと判断しない。

親が騒ぐと子ども過剰に

反応してしまいます。

 

子どもはまだまだ人に話を伝えるのが

上手ではありません。

子どもの話を鵜呑みにしないで

参考程度に聞いて、

しっかりと様子をみましょう。

 

 

 

■親が取る対策と対処法

子どもがいじめにあったら

どんなに小さなトラブルでも個人的に対応しない。

 

近所だからといって個別に対応はせず、

まずは学校の担任の先生に相談

という形でお話をしましょう。

 

 

 

■モンスターペアレントにならないために

学校での出来事とはいえ、

担任の先生に任せっきりではなく、

こちらもきちんと行動にうつします。

 

登下校時にはしっかり子どもを見守ります。

学校行事には積極的に参加します。

一方的なお願いばかりでは人は

動いてくれません。

 

 

担任の先生も一人の人間です。

親の態度一つで対応も変わります。

こちらも子どもを守るために必死です。

本気で対応していただけるような

行動をとりましょう。

 

 

今回この記事を書くために

小学校低学年の親子に話を聞きました。

低学年の子どもって、そもそもどんな感じなの?

意地悪なことをする子ってどんな子?

 

 

 

■取材結果

まだ相手の気持ちがわからないことが多く、

思ったことを口に出してしまう。

相手がどう感じるか想像がつかない。

デブ、バカ、ババアなど悪口を言う。

 

嫌なことがあると無視をする。

嫌なことがあると表情に出やすい。

嫌なことがあると態度に出る。

仲間外れにする。

 

昨日仲間外れにされても今日は仲良く

遊んだりする。(気持ちが変わる)

自分に非があるとその場から立ち去る。

お菓子を要求する。

平気で嘘をつく。

 

人のせいにする。

自分の都合の良いルールで遊ぶ。

自分勝手。

自分の思い通りにならないと機嫌が悪くなる

 

 

 

■最後に

学校での出来事は、子どもが親に

教えてくれなければわかりません。

帰宅後の子どもの様子や些細な言動に

いちはやく、気づいてあげることが大切です。

 

子どもは親に心配をかけまいと

必死に事実を隠します。

日頃から、もしも辛いことや悲しいことがあったら

教えてねと子どもに伝えましょう。

 

 

何があってもあなたの味方だよと

伝えてあげてください。

 

 

 

こういった急な事態でも、

落ち着いて正しい判断をしましょう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

幼児の高熱 何度までなら大丈夫?【原因と対策】

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m