ネットビジネスで自由と成功を手に入れるためのブログ

子供、赤ちゃんのかんしゃく いやいやの原因【科学的に判明した驚きの結果】


スポンサーリンク

子供、赤ちゃんのかんしゃく いやいやの原因【科学的に判明した驚きの結果】

 

 

 

「だから、まだ乾いてないってば。」

 

 

 

1歳半の子どもについ強い口調になってしまう。

大好きなアンパンマンのシャツを干していると、

泣いてかんしゃくをおこし、

洗濯物をハンガーから引っ張る。

うちの子は、アンパンマンが大好きです。

anbai4

毎日アンパンマンをどこかに身につけて

いないと気がすまないらしい。

ほんの1週間前には、

違うアンパンマンの洋服で

手をうってくれたのに…

 

 

 

赤ちゃんの気持ちはころころ変わります。

仕方なく、濡れたままアンパンマンの

洋服を着ました。

冷たくないのかな?

どうせ、すぐ脱ぐはず。

 

本人は、アンパンマンの洋服をきて

満面の笑みを浮かべる。

 

 

「外出するよ」と声をかけ

着替えをさせて生乾きの

アンパンマンの洋服を回収成功。

アンパンマンより公園が好きみたい。

 

かわいいけど、最近イヤイヤが多くて

大変になってきました。

まだまだ前頭前野(抑制機能)が未熟だから

自分の気持ちを押さえられずに

イヤイヤとなることは理解していても、

毎日、なにかしらイヤイヤする子ども、

かんしゃくを起こす赤ちゃんに

どう接していけばいいの?

 

 

■科学的に判明

イヤイヤ期の対策も科学的にわかってきました。

アメリカのある研究機関が

イヤイヤ期の子どもに実験をしました。

 

驚きの結果が出た。

 

 

是非、子育ての参考にしてほしい。

幼い子が自分で我慢できるようになるの?

子どもにわかりやすいルールを決めて

二人一組になる。

 

口のマークのカードの子は

絵本をみて朗読する係。

 

耳のマークのカードの子は聞く係。

 

口のマークの子が朗読をする。

 

その横で耳のマークのカードの子が

黙って聞くという実験をした。

 

 

結果は、耳のカードの(聞く係)子は、

最初は朗読しているのを静かに聞いているが、

しばらくするとしゃべってしまう。

 

その都度、大人が声をかけてルールを思い出させた。

この実験のポイントは抑制機能を育てること。

 

 

 

「だめ、とにかくだめ!」

 

親が怒って我慢させようとすることがある。

皆さんも経験があると思います。

無理やり我慢をさせたところで

子どもの脳の抑制機能(前頭前野)は決して発達しません。

 

大きな声で

「だめ。」

と、子どもに怒ると子どもの脳にある

へんとう体(不安、恐怖の中枢)が働く。

 

恐怖により一時的に欲求を抑える

だけで脳の抑制機能(前頭前野)は

働いていない。

確かに一度大きな声で注意をしたり

目を見て怒ると、一時的に子どもは

大人しくなるという経験を何度かした

ことがあったが、すぐにまた同じことを

繰り返してしまう理由が見えてきた。

 

 

子どもが自ら我慢するように促すことが

抑制機能(前頭前野)の発達にとても大切になる。

先程の実験結果からわかるように、

自分の欲求を抑えきれずに

つい聞く係の子がしゃべってしまっても

怒らずに、自分の与えられた役割を思い出させる。

 

ルールを繰り返し教える。

そして

「なぜ我慢をするのか」

理由を納得させるのが必要になる。

 

 

よく、ありがちな

「何か買ってあげる」

という、親の根負けや逃げのような対応は

いかがなものだろうか。

 

時々イヤイヤ期の子育てに疲れてしまって

私もやってしまいますが…

あくまでも

緊急手段の最終手段です。

 

 

子供には、

次第にルールや我慢する理由を考えさせて、

それに従うことで自分が次のステップに

上れることを教えてあげる。

 

長期的な目標を設定させて

その目標にむかって達成されると

その記憶はすごく長く続きます。

 

 

 

■効果的な方法

長期的な目標を設定する

目標達成を応援する

達成感を味わわせてあげる

そして褒めてあげる。

抑制機能(前頭前野)が発達するのは

人間に特異的である。

他の霊長類ではみられない。

 

 

前頭前野の役割は

「我慢するため」の脳ではなく

今、衝動的に何かしたいことを

我慢すると将来こうなるよと

未来の計画に対して予測する。

予想するという機能である。

未来予想図を立てる。

 

 

社会のルールを知るという機能を

担っていることが科学的に判明した。

子供、赤ちゃんの抑制機能(前頭前野)の働きは

まだまだ未熟です。

しかし、子供が成長するためには

大切な働きをしています。

 

 

イヤイヤ期は子供にとって

社会に適応していくための

最初の試練でもあります。

支える親にとっても、正念場です。

子供の明るい未来のために

家族で支えていくことが大切ですね。

 

 

 

自分を責めていませんか?

イヤイヤ期はお母さんのせい

じゃないんですよ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

イヤイヤ期 親のせいではない【原因は未熟な脳】

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール(むつ の実績)

プロフィール(むつ の実績)

1か月の総売り上げ110万円突破!

Amazon 1ヶ月の売り上げ実績

Amazon 1ヶ月の売り上げ実績

ヤフオク アカウント① 1ヵ月の売上実績

ヤフオク アカウント① 1ヵ月の売上実績

ヤフオク アカウント② 1ヵ月の売上実績

ヤフオク アカウント② 1ヵ月の売上実績

中国輸入教材

中国輸入教材

中国輸入300ページ以上のマニュアル
期間限定無料プレゼント
⇒マニュアルを受け取る