口移しやキスで虫歯になる【子ども 幼児をむし歯から守る方法】


スポンサーリンク

口移しやキスで虫歯になる【子ども 幼児をむし歯から守る方法】

 

 

 

「効果的な仕上げみがきしてますか?」

 

 

 

むし歯予防には、毎日の歯みがき習慣が

大事になります。

仕上げみがきのやり方がわからない。

いつまで仕上げみがきをしてあげたら

いいのでしょうか。

 

 

親の仕上げみがきは小学校2年生

くらいまでは必要です。

 

幼児期から上手な仕上げみがきの習慣を

身につけることが大切です。

特に就寝前には丁寧にみがきましょう。

 

 

 

■仕上げみがきのポイント

歯ブラシの持ち方

鉛筆を持つように少し短めににぎる。

 

歯みがきの姿勢

親が座り足を開き、その間に子どもを

仰向けに寝かせる。

ももと膝で挟み子どもの体を固定する。

ana

 

歯ブラシの動かし方

歯ブラシを歯の表面に直角にあてる。

歯と歯ぐきの境目はらせんを描くように

小さく動かしてみがく。

 

痛くない仕上げみがき

上唇にあるひものような組織(上唇小帯)に

歯ブラシがぶつかると痛みを感じ、

歯みがきを嫌がります。

歯ブラシを持った反対の手の人差し指で

上唇をめくり、上唇小帯をガードします。

 

賢い仕上げみがき用歯ブラシを選ぶ

柄がストレートでヘッドが小さいもの。

毛足が短く、毛が密集しているもの。

毛の固さが、柔らかいものを選ぶ。

毛先が開いたら新しいものに交換する。

 

 

 

■歯みがき好きにさせるコツ

子ども専用の歯ブラシを持たせる

子ども専用の歯ブラシで自由に

カミカミさせる。

 

歯ブラシの感覚に慣れさせる。

最初のうちは、のどに歯ブラシが

当たらないように

のど突き防止仕様のものを使用する。

私はこれを使っています。

Amazon:ピジョン 乳歯ブラシ セット

楽天:ピジョン 乳歯ブラシセット

 

 

 

まわりの人(家族)が楽しく歯みがきをする

身近な人(家族)が楽しく歯みがきをしていると、

自分もやってみたい、

歯みがきをしてほしいと思うようになります。

 

歯みがきができたら、思いきりほめてあげる。

 

歯みがきごっこで遊ぶ

お気に入りの人形やぬいぐるみに

歯みがきをしてあげる遊びや

絵本などを通して歯みがきの楽しさや大切さを教える。

ai

 

 

 

■正しい食生活

1日3食、規則正しく食べる。

栄養バランスのよい食事を心掛ける。

 

よくかんで食べる習慣を身につける 

(ひと口30回以上噛むことを目標にする)

 

糖分の含まない飲み物を与える。

(水や麦茶など)

 

ジュースやイオン飲料の与えすぎは厳禁。

おやつは時間を決めて与える。

おやつは季節の野菜や果物がおすすめ。

食後はキシリトール食品を使う習慣を。

就寝前の歯みがき後や寝ながらの授乳は

なるべく避ける。

 

 

 

■定期的に歯科健診を受けよう

1歳6ヶ月をすきだら、かかりつけの

小児歯科医を決めます。

年に2回は歯科健診をうけて

むし歯予防に努める。

 

歯科健診では、むし歯以外にも

歯みがきの指導、食事指導など

子どもの歯の状態にあったアドバイスが

受けれます。

 

 

 

■フッ素でむし歯予防

フッ素(フッ化物)が、歯にとりこまれると

エナメル質が強くなります。

 

むし歯菌が出す酸に負けにくい歯になります。

歯医者さんでフッ素を塗ってもらいましょう。

うがいができるようになったら

フッ素入りの歯みがき粉を使うことで

むし歯の予防効果が高まります。

※色々な種類があるので、こちらから確認して下さい。

Amazon:ライオン チェックアップジェル 60g 楽天:【ジェルタイプ歯磨き】Check-Up gelチェックアップ ジェル 60g DENT.ライオン

 

 

■口移しやキスで虫歯になる?

虫歯菌の多くは親などの身近な人の

『唾液』を通して感染します。

 

大人が噛み砕いたものや、

口移しで食べ物を与えたり、

スプーンやコップなどを

共有するのはやめましょう。

キスをするのも注意が必要です。

 

 

■最後に

子どもは、歯みがきを嫌がることが多く、

泣き叫んだり暴れたりして親を困らせます。

しかし、大変だからとか

かわいそうだからとやらないでいると

結局、子どもが痛い思いをすることになります。

 

子どもの治療は大変です。

子どもにとってむし歯の痛みは

知らなくて良い痛みです。

 

 

子どもの歯をむし歯から守るためには

『仕上げみがき』

『食生活』

『歯科健診』

こちらの3つが基本になります。

 

 

 

子どもの外遊びしてますか?

子どもにとって、こんな効果がありますよ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

子どもの五感を刺激する外遊び【1歳、2歳、3歳の知能、運動機能が発達】

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m