30代サラリーマンが副業ネットビジネスで資金0から月商30万円を稼いだ方法

ネットビジネスで自由と成功を手に入れるためのブログ

amazonマーケットプレイス手数料高い【それでもAmazonに出品している理由】

   


スポンサーリンク

amazonマーケットプレイス手数料高い【それでもAmazonに出品している理由】

airplane

 

 

「Amazonの出品手数料って高くないですか?」

 

 

Amazonに商品を出品するのに初期費用は

ほとんどかからないんだけど

商品が売れると色々な

手数料がかかるんだよね。

 

 

Amazonが基本としている手数料が

大きく分けて3つあるよ。

①販売手数料

②カテゴリー成約料

③基本成約料

この3つが基本的な手数料になるよ。

 

 

ちなみに大口出品・小口出品で、

請求される手数料は変わるよ。

 

 

 

手数料と出品形態

■小口出品

・1商品販売時に基本成約料100円

・販売手数料

・カテゴリー成約料

がかかる場合がある。

※基本成約料は小口出品のみにかかる手数料

 

 

■大口出品

・月間登録料として毎月4.900円

・販売手数料

・カテゴリー成約料(本、DVDなど一部の商品)

がかかる。

 

 

大口出品だと、小口出品のような基本成約料の

100円がかからないけど、月額4900円が

必要になるんだね。

 

 

 

販売手数料

販売手数料は商品カテゴリーごとに違う。

 

商品カテゴリー 販売手数料率
書籍、雑誌、その他出版物 15%
エレクトロニクス商品 8%
カメラ 8%
パソコン・周辺機器商品 8%
アクセサリー商品(エレクロニクス商品、カメラ、パソコン・周辺機器) 10%または50円のいずれか高い方(*3)
Kindle アクセサリ 45%
楽器商品 8%
ヘルス&ビューティー商品 10%
コスメ商品 20%
ミュージック(およびその他録音物) 15%
スポーツ&アウトドア商品 10%
カー&バイク用品 10%
おもちゃ&ホビー商品 10%
TVゲーム商品 15% (*4)
PCソフト商品 15%
ペット用品 15%
文房具・オフィス用品 15% (*5)
ホーム&キッチン商品 15% (*6)
大型家電 8%
DIY・工具 15%
食品&飲料商品 10% (*7)
時計 15% (*8)
ジュエリー 15%
アパレル・シューズ・バッグ 15%
その他全商品 15%

(*3)2013年10月11日からエレクトロニクス商品、パソコン・周辺機器商品のアクセサリー商品に関しては商品単位ごとに販売手数料率10%となります。ただし商品価格が500円以下の場合は、商品価格に対する販売手数料は一律50円となります。
(*4) TVゲーム商品の商品サブカテゴリーのゲーム機本体に関してのみ通常の販売手数料率は8%です。
(*5)文房具・オフィス商品の商品サブカテゴリーの電子辞書ならびに関連アクセサリー商品の販売手数料率は8%です。
(*6) ホーム&キッチン商品の商品サブカテゴリーの浄水器・整水器および生活家電の販売手数料率は10%です。
(*7) 2017年3月31日までの特定期間、食品&飲料商品のサブカテゴリーのビール・発泡酒に6.5%の販売手数料率が適用されます。
(*8) 時計サブカテゴリーのメンズ・レディース腕時計の海外ブランド(並行輸入品)、国内ブランド(逆輸入品)に6%の販売手数料率が適用されます。

 

自分がよく仕入れるジャンルの

販売手数料の把握が必要になるね。

 

 

ジャンルごとの販売手数料は

一体いくらになるのか?

販売手数料のすべてを完璧に

覚えなければならないのか?

と、考えちゃうんだけど

全てのジャンルを覚える必要はないよ。

 

 

 

できるだけ覚えたほうが良いけど

まずは、自分がよく仕入れるジャンルの

販売手数料は覚えておくべきだよね。

 

自分が扱う商品のジャンル

の販売手数料を正確に覚えることで

店舗に仕入れに行った時に正確に

効率的にリサーチすることができるよ。

 

 

 

まだ始めたばかりの方は徐々に

覚えれば大丈夫。

 

リサーチ時間の短縮や正確な利益計算は、

利益アップにつながるので、

是非意識するようにしよう。

 

 

 

Amazonは世界一の集客力

Amazonマーケットプレイスの手数料が

高いことは多くの出品者が感じている

ことなんだけどそれなのに、

なぜAmazonに出品しているのだろうか。

 

 

 

それは、Amazonの方が断然売れるからだ。

 

 

PCからは月間1,753万人、

モバイル端末からは月間3,025万人

が訪れるオンラインストアのAmazon。

hitogomi

 

 

圧倒的で絶大Amazonの集客力は、

Amazonに出品する最大のメリット。

 

これだけの集客力があれば、

ほとんどのものが売れていく。

 

 

 

カテゴリーによっては、申請許可が

必要なものや出品禁止商品などもあるけど

様々な商品を出品することができる。

 

 

せどりは、利益を出せれば自分が

出品している商品の機能や特徴を

知らなくても稼げるのが良いところだよね。

 

 

 

手厚いAmazonのサポート力

Amazonは手厚いサポート体制が整っている。

support

Amazonマーケットプレイス出品者への

電話によるサポートは、午前9時から午後6時。

 

Eメールでのお問い合わせは

24時間受け付けている。

出品中のトラブルなどに随時対応してくれる。

 

 

AmazonマーケットプレイスはAmazonが

取引を成立する場所を提供していて、

取引が成立すると、出品者と購入者間にのみ

契約が成立することになるよ。

 

 

ここまでの環境やサポートが整っているのに

出品しない理由なんてないよね。

 

ただ、出品時に手数料が発生しない分、

取引成立時の手数料は高く設定されている。

 

 

Amazonマーケットプレイスの手数料が高いのに

出品者が増えているのも納得できるよね。

 

 

 

商品の仕入れをする時には、目先の価格差に

飛びつかずに、販売手数料などの差し引きも

考えることが大切になるよ。

 

 

 

仕入れで失敗しないためにも

Amazonの出品禁止商品を確認しよう。

↓↓↓↓↓↓↓↓

FBA納品できない商品【知らない人は一度はやってしまう失敗】

 

■追伸

今だけ期間限定で

副業でも主婦でもできる

大ボリュームの

「自宅で稼ぐ物販マニュアル」

無料プレゼント中。

02_cover_manual_3_m

登録すると5秒でダウンロードできます。

→ダウンロードする

 


 - せどり ,