古いノートパソコンの活用方法 簡単にモニター代わりにして効率アップ


スポンサーリンク

古いノートパソコンの活用方法 簡単にモニター代わりにして効率アップ

MouseWithoutBorders_1

 

どうも。

むつです。

 

「パソコン買い換えたから、古いパソコン捨てようかな…」

 

パソコンを買いえたたら古いパソコンは処分してしまったり、押し入れの中にしまい込んでしまったりする方も多い。

何とか使えないかなーと、新しいパソコンと古いパソコンを机の上に2台並べても、キーボードもマウスも場所をとって邪魔だよね。

MouseWithoutBorders_n_000

新しいパソコンの方が性能がいいし、古いパソコンなんて使わなくなってしまうことが多い。

 

あなたはどうかな?

 

 

でも、Windowsのマイクロソフトが提供しているMouseWithoutBordersというフリーソフトを使うと、マウスとキーボードを複数のパソコンで共有することができる。

古いパソコンをモニターのように使うことができるんだよね。

 

たとえば、先ほどと同じように左側に新しいノートパソコン置いて、右側に古いノートパソコンを置く。

どちらのパソコンにもマイクロソフトのMouseWithoutBordersをインストールして設定を済ませておくよ。

 

 

 

では、新しいパソコンに繋いでいるマウスを、右にぐーっと移動してカーソルを右に移動してみよう。

普通ならマウスカーソルをそのまま右に移動しても画面の端で止まってしまうよね。

でもMouseWithoutBordersをインストールしていると…

MouseWithoutBorders_n_001

そのままどんどんマウスを右に移動すると、カーソルが新パソコン画面の横を突き抜けて旧パソコン側から出てくる。

MouseWithoutBorders_n_002

旧パソコンにカーソルが移動したら、メモ帳を開いて新パソコンのキーボードから「Hello World!」と入力してみよう。

すると、旧パソコン上のメモ帳に「Hello World!」と入力することができる。

MouseWithoutBorders_n_004

 

もちろん、新しいパソコンにつないだマウスを操作すればカーソルが2台のパソコンを行ったり来たり出来る。

MouseWithoutBorders_n_005

今度は、新しいパソコンでメモ帳を開き「こんにちは」と入力する。

こんな感じでキーボードとマウスが1組だけあれば、他のパソコンを簡単に操作できてしまうよ。

 

MouseWithoutBorders_n_006_

こういった感じで、2つのパソコンの画面が1つに繋がったような感じで操作できるから、他のパソコンをモニターのように使うことができるんだよね。

しかも、コピー&ペーストの内容も共有できるし、ファイルをコピーすることもできるよ。

 

ネットワークにつながっていれば、どのパソコンでも簡単に繋げられるしデスクトップパソコンでもノートパソコンでも共有できる。

 

私はいつもノートパソコンを2台繋げて使っているよ。

 

■MouseWithoutBordersのインストール

MouseWithoutBordersはMicrosoftの公式サイトからダウンロードしよう。

⇒Microsoft Garage Mouse without Bordersのダウンロード

 

Microsoft Garage Mouse without Borders_001

※対応しているOSは2018年5月現在でこちら。

MouseWithoutBorders_os

共有するパソコンすべてにMouseWithoutBordersをインストールしていくよ。

Microsoft Garage Mouse without Borders_002

 

NEXTを選択する。

Microsoft Garage Mouse without Borders_003

 

Installを選択。

Microsoft Garage Mouse without Borders_004

 

Finishを選択しよう。

Microsoft Garage Mouse without Borders_005

 

これでMouseWithoutBordersのインストールは完了。

 

 

■新パソコン (マウスとキーボードを使う方)の設定

まずは新パソコン(マウスとキーボードを使う方)の設定をしていこう。

 

既に他のコンピュータへMouse without Bordersをインストールしている?

と聞かれるので、新パソコン (マウスとキーボードを使う方)は、Noを選択する。

Microsoft Garage Mouse without Borders_006

 

 

セキュリティコードとコンピューター名が表示される。

Microsoft Garage Mouse without Borders_007

このコードは後で使うので、この状態のままにしておこう。

 

 

■旧パソコン (ほかのパソコンから操作される方)

こちらも同じ手順でインストールをする。

 

先ほどとおなじように、既に他のコンピュータへMouse without Bordersをインストールしている?

と聞かれるので今度はYesを選択するよ。

client0

 

すると、接続するためのセキュリティコードとコンピューター名の入力する画面になる。

先ほど、新パソコン(マウスとキーボードを使う方)に表示されていたセキュリティコードとコンピューター名を入力しよう。

入力が終わったらLINKのボタンを押す。

client2_

 

同時に新パソコン(新パソコン(マウスとキーボードを使う方)もLINKを開始する。

Success!の画面が出れば2台のパソコンを繋ぐことができた。

Microsoft Garage Mouse without Borders_008

もし、接続に失敗してしまう場合は、セキュリティソフトのファイアーウォールをOFFにしてもう一度接続してみるとうまくいくことがあるよ。

 

■パソコンの配置設定

最初の説明では左側に新パソコン右側に旧パソコンという並びだったけど、ここの設定で左右上下すきな場所に配置を変えることができる。

 

パソコンの画像を左クリックを押したまま移動すれば簡単に場所を入れえることができる。

client4_

上下に配置したい場合はTwo Rowにチェックを入れよう。

 

設定が終わったらApplyボタンを押せば完了。

一度設定が終わってしまえば、パソコンを再起動しても勝手にパソコン同士を接続してくれるよ。

 

■最後に

MouseWithoutBordersを使う方法なら ノート パソコンをモニターのように活用することができる。

使えるソフトや機器を活用して効率よく作業を進めるようにしよう。

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m

コメントを残す