何かを得るためには、何かを捨てなきゃ。ネットビジネスのセミナーに参加【妻の日記】


スポンサーリンク

何かを得るためには、何かを捨てなきゃ。ネットビジネスのセミナーに参加【妻の日記】

 

 

 

 

先日、夫がネットビジネスのセミナーに参加してきました。

 

 

 

セミナー会場は東京駅の近く。

私たちの住んでるところから会場は少し遠いです。

ネットビジネスのセミナー内容は、

・せどり。

・電脳せどり。

・アフィリエイト。

それぞれの専門家さんの貴重なお話が聞け、

懇親会が開かれるため、

色々な方たちと交流が深められるそう。

 

 

 

でも、実はセミナー1週間前に小学生の子供が

40℃の高熱を出した。

「イ、インフルエンザじゃない?」

ってことは、時間差で家族感染の可能性も大有り。

幸いにもインフルエンザではなかったため

夫は無事にセミナーに参加することになりました。

 

 

セミナーに参加することが決まってからは

夫よりも私がうきうきしていました。

もちろん夫も楽しみでセミナー前日には

色々調べたり質問内容を考えたり

セミナーに向けて準備をしていました。

 

 

セミナー当日は午前9時に自宅を出発しました。

私は、子供二人をみながら家事をしていました。

13時にセミナー開始。

いつもは、腹時計なのに。

今日はめちゃくちゃ時計が気になる。

そろそろ始まってるなーと

想像しながら子供と遊んでいました。

 

 

 

夫は年に数回、仕事や会社の飲み会で

東京都内へ行きます。

それが毎回、嫌で嫌でたまりません。

理由は、夫は家事や子育てに協力的なため

帰りが遅いと一人で大変になります。

夫が居ないと寂しいですし、

不安、つまらないからです。

 

 

 

でも、今回は違います。

帰ってこなくてもいいから

たくさん、教わってきてほしい。

夫が進むべき方向はあっているのか。

これからどう進んでいけばいいのか。

素晴らしい講師の方々に会ったら

絶対話してきてねって伝えました。

 

 

その日の夜、

夫はギリギリ終電に間に合い、

深夜1時に帰ってきました。

早く話をききたくて

玄関先で待ちました。

 

緊張したのか食事も喉に

通らなかったのか

帰宅後、カップラーメンを

すすりながら話をしてくれました。

たくさんメモをとっていました。

 

 

参加して良かった。

とても楽しくて充実したセミナーだったと

言っていました。

たくさんのセミナー生に会って話をしてきて

自分が今どのレベルにいるのか

気がついたと話していました。

それはどのレベルなのか

聞いてみると…

 

 

ペースがゆっくりだな。

と感じたみたい。

結構、頑張ってたんだけど

まだまだなんだねって二人で話しました。

 

 

やっぱり仕事に子育て、

プライベートに副業。

全てを100%で頑張るのは限界があります。

 

 

 

何かを犠牲にしなきゃいけないのかな。

私たちは覚悟を持ててなかった。

何かを得るためには 何かを捨てなきゃいけない。

 

 

 

 

何を捨てるか

1日の中で1歳半の子供が

昼寝を2回する。

昼寝中は、録画したドラマをみたり。

友人と連絡をとったり。

夕飯の支度をしていた。

夕飯の支度は絶対必要なこと。

 

 

捨てるランキングは友人との長電話やLINE

録画したドラマの鑑賞、仮眠しかない。

この時間をブログをかく時間に当てることにした。

 

 

 

夫は、

音声セミナーを聴きながら出勤する。

出勤したら就業開始までの間に

音声セミナーの内容をまとめる。

昼御飯を済ませてブログの内容を考える。

 

会社帰りにせどりのリサーチや仕入れで

1~2店舗寄り帰宅する。

直ぐ、入浴して夕飯。

子供たちを寝かせてブログを完成させる。

 

 

ゆっくり休んでいる暇なんて寝ている時しかない。

時間を作り出すために必死です。

無駄な時間なんかない。

でも、なんだか充実しています。

 

 

 

せどりをするなら古物商は必須。

自分でも簡単に取れるって知ってました?

<<[前の日記へ] 初めての贈り物。誕生日プレゼントは古物商

 

 

>>[次の日記へ] 夫についた嘘 本当はばれてる?ブログのアクセスが100PV突破

 

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m

コメントを残す