ネモフィラの踏み荒らし 死ぬまでに行きたい世界の絶景の危機 【ひたち海浜公園】


スポンサーリンク

この記事を読み終える時間: 1

 

「ネモフィラに立ち入り禁止」

 

 

 

ネモフィラが人気の

国営ひたち海浜公園(ひたちなか市)

平成28年からネモフィラ畑の全面にロープを張り、

一定の立ち入りを制限することになった。

 

理由は近年の入園者急増に伴い、

花が踏み荒らされているからだ。

 

 

ひたち海浜公園は開園面積約200haにも及びます。

・春(スイセン、チューリップ)

・初夏(ネモフィラ、バラ)

・夏(ジニア)

・秋(コキア、コスモス)

四季折々の草花を楽しめます。

 

■園内エリア

・砂丘エリア

・樹林エリア

・草原エリア

・西口エリア

・南口エリア

・プレジャーガーデンエリア(遊園地)

・みはらしエリア

の7つに区切られており、

花や景色、自然観察、スポーツ、

バーベキューなど色々な

楽しみ方ができます。

 

 

ネモフィラはみはらしエリアの

「みはらしの丘」

にあります。

 

 

約3.5㌶が約450万本のネモフィラで

青色に染まっています。

周囲には遮る物がなく、まるで

「空へと続く道」のようです。

150502_123403

 

 

 

■世界の絶景

多くのメディアで注目されました。

「死ぬまでに行きたい世界の絶景」

として写真集で紹介されたこともあり

見頃を迎える5月のゴールデンウィーク

には多くの人で賑わいます。

 

去年の入園者数は初めて200万人を突破しました。

関東の一大観光名所となりました。

その一方で課題も出てきました。

 

 

 

■花が踏み荒らされる

一部の入園者が花畑に入り、

花を踏むようになった。

花に囲まれるように写真撮影をしたり、

三脚を立てて撮影する人達により

花が荒らされ、はげる所も見られた。

 

また、一部の花畑に入る人をみて

立ち入り可能と勘違いをして別の人も

花畑に入るという悪循環が起きている。

 

国営ひたち海浜公園では今まで、

入園者のモラルに頼り、

歩道と花畑の間は仕切らずにいた。

入園者が花を間近で楽しんでもらうためだ。

 

 

しかし、

マナーが悪化して、リピーター客からも

「何とかしてほしい」

「心が痛い」などと苦情や意見が多数寄せられた。

このため、去年平成27年

ゴールデンウィーク明けに

被害が深刻な箇所にロープを張った。

 

 

今年は全面にロープを拡大して、

「立ち入り禁止」の看板も設置した。

現在では目立った被害はない。

 

ロープや看板が景観を邪魔するという意見もあるが

花が踏まれてかわいそうと

致し方ない対応だと理解を示す入園者が多い。

人気が出で有名になると、入園者が増加するのは

喜ばしいことです。

 

 

しかし、一部のマナー違反やモラル低下により

純粋に花を楽しみたい人達が我慢するなんて、残念ですね。

ひたち海浜公園では、対策として啓発イベントを実施した。

草花を大切にする気持ちを育もうとしています。

 

 

実際にネモフィラを見ると

一瞬言葉を失うほどの衝撃をうける。

「花がこんなにも素晴らしい絶景を作り出すなんて」

きっと感激すること間違いなし。

 

 

 

2016年は暖冬のため開花が2週間ほど早まっている。

5月の大型連休を利用して一度は見ていただきたい。

連休中は混雑するが良いこともある。

 

なんと、

無料で入園できる日が年に数回あります。

 

 

 

■平成28年度入園無料の日

5月5日(木曜、祝日)

こどもの日(小中学生のみ)

 

5月15日(日曜)

春季における都市緑化推進運動期間

 

9月19日(月曜、祝日)

敬老の日(65歳以上のみ)

 

10月2日(日曜)

秋の都市緑化月間

 

10月23日(日曜)

秋の都市緑化月間

 

この機会に是非、足を運んでほしい。

 

 

小さな赤ちゃん連れでも大丈夫。

赤ちゃん、乳児、幼児も楽しめる

国営ひたち海浜公園のお役立ち情報

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ひたち海浜公園 赤ちゃん 乳児 幼児も楽しめる【授乳室マップ】

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m