PDCAサイクルのメリット【モチベーションの低下を防ぐ効果】


スポンサーリンク

この記事を読み終える時間: 2

 

どうも。

むつです。

 

PDCAサイクルって、聞いたことありますか?

 

 

ビジネスをするうえで、PDCAサイクルはとっても重要になります。

サラリーマンの方なら、上司から

「PDCAが大事だ!」

「PDCAを回せ!」

などと言われたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

私たちのように物販ビジネスを実践する場合でも、PDCAサイクルを使うと効率的にビジネスを進めることができますよ。

 

PDCAとは

PDCAは計画、実行、評価、改善の頭文字をとったものになります。

 

Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Action(改善)

 

「 計画」して実際に「実行」する。

結果がどうだったか「評価」をして、内容を「改善」する。

「PDCAサイクルを回しましょう!」

というのは、「計画」「実行」「評価」「改善」の流れを、くるくると回転させることで「仕事の効率を上げ」「結果を伸ばす」ということです。

 

ちょっと難しく感じてしまいますが、PDCAサイクルは色々なことに当てはめることができます。

 

物販ビジネスでも使える

私たちが実践する、物販ビジネスでもそうですね。

たとえば、「オークションで商品が全然売れない」といった場合を考えてみましょう。

商品が売れなければ、販売自体をあきらめてしまうことがありますよね。

 

でも、同じ商品をバンバン販売しているライバルもいたりします。

「商品の需要はあるのに、何で自分の商品は売れないのか?」

ということを考えて行かなければ、いつまでたっても商品は売れませんよね。

  • 商品タイトルを見直す
  • 商品説明を見直す
  • 商品画像を見直す
  • 価格を見直す
  • 出品時間を見直す

などなど、改善できることはたくさんあります。

 

実際に適当に出品した商品は、お客さんにほとんど見てもらえません。

でも、タイトルや商品画像を変更しすると、アクセス数が全く変わってきます。

同じ商品なのに、見せ方で売れ行きが変わるんですよね。

 

「計画」どうすれば商品が売れるか考える

「行動」考えたことを商品ページに反映

「評価」アクセス数は増えたか?入札率は上がったか?

「改善」を繰り返す。

良くなかった所を修正する。

常に自分の商品ページの改善を繰り返えす。

そして、お客さんが「欲しい!」と思うようになれば、購入率も上がります。

 

そうすれば、売上もガンガン上がっていきますよね。

 

PDCAサイクルの作り方

Plan(計画)

まずは、目標をたてて計画を作りましょう。

目標を設定したら、さらに細かく分解して計画を作っていきます。

計画を立てるには、よく「5W1H」を使うと言われます。

 

  1. Who「誰が」→ 一人で実施?ビジネスパートナーは必要?外注は?アルバイトは必要?
  2. What「何を」→ どんなビジネスやサービスで稼ぐのか。
  3. When「いつ」→ 資金繰や、いつまでにいくら稼ぐ等の計画を作る。
  4. Where「どこで」→ どこで稼ぐのか。ターゲットは?
  5. Why「なぜ」→ 目的やビジョン、夢を作る。
  6. How「どのように」

あとは、具体的に計画をたてていきます。

具体的に数字に出したりすることで計画がたてやすくなります。

 

Do(実行)

計画を立てたら実行に移しましょう。

計画通りに進めるように、淡々とこなすことが大切です。

モチベーションは上げすぎず、下げないように一定を維持しましょう。

 

Check(評価)

成果を確認して、目標が達成できたか確認も必要です。

もし達成できていなければ、何故達成出来なかったのかを把握しましょう。

原因が分かれば、改善につなげることが出来ますからね。

 

Action(改善)

原因がわかれば何が悪かったのか、どうすれば良くなるのかを検討して改善します。

あとは、改善内容をどのようにして実施していくか、「計画」を作っていきます。

 

そして、最初の「計画」(Plan)に戻るわけですね。

 

Plan →Do → Check → Action → Plan → Do → Check → Action →・・・

 

このように、PDCAサイクルを、できるだけ早く繰り返すことが大切になってきます。

 

PDCAサイクルを回す期間

PDCAサイクルは、できるだけ早く1回転させるほうがいいですね。

1サイクルを長期で計画してしまうと、サイクルが回らなくなってしまいます。

PDCAの1サイクルは、「一ヶ月~三ヶ月程度の短期間」で設定しましょう。

 

ただ漠然とネットビジネスに取り組むのではなく、PDCAサイクルを常に回すことを意識するようにして下さい。

PDCAサイクルは、作業が効率化します。

 

また、成果が見えて進んでいる実感が沸くため、モチベーションの低も防ぐこともできますよ。

PDCAサイクルはメリットが沢山あるので、是非、取り入れてみてください。

 

まとめ

・PDCAサイクルを意識

・PDCA1サイクルの期間は短く設定

・作業が効率化されて成果が上がる

・モチベーションの低下を防ぐ

 

 

目的や夢といったビジョンをもつと

色々なメリットがあります。

↓ ↓ ↓

ビジョンの作り方で成果が変わる【ネットビジネスで成功するために】

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m

コメントを残す