オークタウン再出品 数千件の商品も放置で自動出品させる方法[UWSC]


スポンサーリンク

オークタウン再出品 数千件の商品も放置で自動出品させる方法[UWSC]

 

オークタウンはヤフオクへ商品を一括出品することができる無料のWebサイト。

 

一括出品のほか、商品データの管理や取引の管理、

一括評価など便利な機能が無理で利用することができる。

 

ヤフオクは、本家のヤフオクのサイトを使うよりも

オークタウンなどのヤフオク支援サイトを使うほうが

効率よく作業をすることができるんだよね。

 

 

でも、この便利なオークタウンを使っていても、

扱う商品数が500件、1000件、2000件となると

商品を出品する作業だけでも大変な作業になってしまう。

 

オークタウンでは、一回にまとめて出品できる商品数は240件。

240件の出品には15分くらいかかってしまう。

 

出品の状況をちょくちょく確認して、

出品が終わっていたらまた出品開始ボタンをポチッと押す。

また15分待って…出品して…15分待って…出品して…

 

こんな単純な作業を数時間もやるのはとても手間だし面倒だよね。

 

でも、こういった単純な繰り返し作業は自動化しやすい。

 

 

今回は、uwscというソフトと私が作った「繰り返しファイル」を使って、

全商品をボタン1つで完全放置で自動出品する方法をご紹介するよ。

 

■自動化の流れ

今回はオークタウンの「基本フォルダ」に

予め1800件のサンプル商品データを用意した。

rapture_20171230172812

 

この基本フォルダの商品をボタン1つで

全て出品できるように自動化していくよ。

 

 

オークタウンでの大まかな出品手順はこちら。

1.一回で出品できる上限240個の商品を表示させる。

2.管理番号のチェックを入れて、240個の商品を選択。

3.「すぐに出品する」ボタンを押す。

4.オークション終了日時や時間の一括設定をする。

.5[すぐに出品する」ボタンを押して出品開始する。

6.出品動作が終わるまで15分待つ。

7.最初の手順に戻る。

rapture_20171230175305

 

 

という流れで商品を出品していく。

 

 

ここで一点気を付けて頂きたいのが今回の手順では

「基本フォルダ」に用意した商品データは

出品が完了すると同時に削除していくよ。

rapture_20171230172951

 

出品が終わると「基本フォルダ」は空になってしまうので、

商品データが削除されては困るという方は

事前にデータをバックアップしておこう。

 

 

■UWSCと「繰り返しファイル」のダウンロード

自動化に必要なツール UWSCと「繰り返しファイル」は

私のブログ記事からダウンロードしよう。

↓ ↓ ↓

UWSC繰り返しファイルのダウンロードと使い方

 

 

・ファイルは分かりやすいようにデスクトップに置く

rapture_20171230173100

 

・繰り返しファイルとUWSCのzipファイルを右クリックで

すべて展開を選択する。

rapture_20171230173132

 

・繰り返しファイルをUWSCのフォルダに移動する。

rapture_20171230173158

 

これでUWSCの準備が完了した。

 

■ブックマークバーの登録

次に出品操作を自動化するために

必要なページをブックマークバーに登録していくよ。

 

ブックマークバーはブラウザの設定で表示することができる。

 

GoogleChromeブラウザなら

設定ボタン

ブックマーク

ブックマークバーを表示

にチェックを入れるとブックマークバーを表示させることができる。

rapture_20171230173255

 

 

 

空白ページのブックマーク

空白ページを作成してブックマークする。

ブラウザのURL欄にabout:blankと入力する。

rapture_20171230173318

 

 

すると空白のページを表示することができるので

ブラウザの星マークを押し、

「空白ページ」という名前でブックマークバーに登録しよう。

rapture_20171230173326

 

これで空白ページのボタンを

ブックマークバーに登録することができた。

rapture_20171230173336

 

 

出品アイテムのページをブックマーク

次にオークタウンの出品させたい商品のページをブックマークする。

今回出品する商品を保存しているのは「基本フォルダ」。

rapture_20171230173355

 

 

「基本フォルダ」を選択して、表示件数を最大の240件にする。

rapture_20171230173422

 

この状態のページをブラウザのブックマークバーに登録すればOK。

rapture_20171230173428

 

 

これで、ブックマークボタンを押すだけで

空白のページを表示したり、

出品商品のページにすぐ移動することができるよ。

rapture_20171230173436

 

 

■UWSCで出品操作のレコーディング

UWSCはマウスとキーボードの動きを記録して

同じ動作を再生することができるツール。

 

商品の出品操作をレコーディングして再生すれば、

簡単に商品を出品動作を自動化することができる。

 

出品動作のレコーディング

ではUWSCでキーボードとマウスの操作をレコーディングしよう。

 

UWSCの「記録」ボタンを押して、レコーディングを開始する。

rapture_20171230173538

 

・ブラウザを選択して[Windowsキー」を押しながら「十字キーの上」を押してブラウザを最大化する。

 

rapture_20171230173608_

 

・ブックマークバーの「空白ページ」のボタンを押す。

・ブックマークバーの「オークタウン 基本フォルダ」のボタンを押す。

・ページが読み込まれるまで待つ。(20秒くらい待つ)

rapture_20171230173617_

 

・管理番号のチェックボックスにチェックを入れ全商品を選択する。

・「すぐ出品する」ボタンを押す。

rapture_20171230173628_

 

・終了日時日時で出品する商品の一括設定を行う。

rapture_20171230173645

 

 

終了日時の設定は、マウスではなく

キーボードで操作することをお勧めするよ。

 

rapture_20171230173715

 

・「スペースキー」を押して一括変更にチェックを入れる。

・「Tabキー」を押して「終了日」のアイテムに移動。

・「Home」「End」「十字キー」で日時を選択。

・「Tabキー」を押して「終了時間」のアイテムに移動。

・「Home」「End」「十字キー」で終了時間を選択。

・「Tabキー」を押して「すぐに出品する」のアイテムに移動。

・「Enterキー」を押して出品を開始。

rapture_20171230173801

 

・出品が開始されたら、すぐにUWSCの「stop」ボタンを押す。

rapture_20171230174552

 

これで出品操作のレコーディングが出来た。

 

レコーディングした動作の保存

レコーディングした操作はファイルに保存することができる。

保存したファイルを読み込めば、

いつでも同じ動作を再生することができるようになるよ。

 

・UWSCの「保存」ボタンを押す。

rapture_20171230173829

 

・オークタウン_再出品.uws というファイル名を設定して保存。

rapture_20171230173842

これで出品操作のレコーディング操作が保存できた。

 

■繰り返しファイルの設定

次は私が作成した「繰り返しファイル」を設定していくよ。

「繰り返しファイル」を使うと、UWSCでレコーディングした操作を

好き回数繰り返したり、再生動作を一定時間止めることもできる。

 

繰り返しファイルの準備

まずはオークタウン再出品用の「繰り返しファイル」を作成。

・_繰り返しファイル.uws をコピー。

rapture_20171230173920

 

・右クリックで張り付けを選択してファイルを複製。

・ファイル名を「_繰り返しファイル_オークタウン再出品.uws」に変更。

rapture_20171230173939

 

・「_繰り返しファイル_オークタウン再出品.uws」をメモ帳で開く。

rapture_20171230173959

オークタウンで出品できる最大の240件を出品すると

出品が終わるまで12分程度かかるんだよね。

 

繰り返しファイルの設定

その出品動作に合わせて繰り返しファイルを設定していくよ。

今回は商品数が1800件なので240件の商品ページが8枚ある。

・「繰り返し実行させる回数を指定」に 8を設定。

・「1回実行したら一時停止させる時間を指定」に”00:15:00″ を設定。

・「繰り返し実行したいuwsのファイル名を指定する」に オークタウン_再出品 を設定。

rapture_20171230174157

 

これで240件の出品動作をした後に15分間待つ。

という動作をさせることができるよ。

 

この15分待つという動作をさせないと、

出品が終わってないのに、どんどん次の出品操作をしてしまう。

 

出品作業が終わるまで15分間ツールを止めておくことが大切。

 

出品の動作は8回繰り返されるので、

2時間くらいで1800件の商品が自動で出品されていくということになるよ。

 

 

■UWSCで自動出品の開始

それでは、自動出品を開始してみよう。

・UWSCの「読み込み」ボタンを押す。

rapture_20171230174402

 

・「_繰り返しファイル_オークタウン再出品.uws」選択する。

rapture_20171230174412

 

 

・UWSCの再生ボタンを押す。

rapture_20171230174417

 

あとは、UWSCと「繰り返しファイル」が

勝手に商品を出品してくれる。

rapture_20171230174452

 

しばらくの間はツールが正しく動いていることを確認しよう。

 

もしツールがおかしな動きをしていたら、

すぐにUWSCの「stop」ボタンを押してツールを停止する。

rapture_20171230174552

 

強制停止させたい場合はAltキーを押しながらF2キーを押せば

強制的にツールを止めることが可能。

uwsc強制停止

UWSCを強制停止する方法は必ず覚えておこう。

 

ちょっと大変な作業のように感じてしまうかもしれないけど、

一度出品用の設定を作ってしまえば

次からはボタンを押すだけで自動的に出品させることができるようになるよ。

 

■最後に

文字で説明すると分かりにくく感じるかもしれないけど、

動画を見ていたたければ、それほど時間もかからずに

簡単に自動化出来るよ。

 

この「繰り返しファイル」を使う方法は、

パソコン操作なら何でも応用して自動化することができる。

 

他にも面倒な作業の自動化方法をどんどんご紹介していくのでお楽しみに。

 

 

 

仕入れ資金が必要な方、

キャッシュポイントを増やしたい方は

ノーリスクで稼げるこの方法を使おう。

今なら期間限定で高額案件がGETできるよ。

↓ ↓ ↓ ↓

ハピタスの登録方法と物販ビジネスの資金調達方法

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m

コメントを残す