子どもの五感を刺激する外遊び【1歳、2歳、3歳の知能、運動機能が発達】


スポンサーリンク

子どもの五感を刺激する外遊び【1歳、2歳、3歳の知能、運動機能が発達】

 

 

 

「子供と外で遊んでる?」

 

 

 

子どもにとって外には刺激がいっぱいです。

衛生面を気にして避けていたり

公園デビューが怖いからと

室内ばかりであそんでいませんか?

 

子どもは風を感じたり、草やお花をみたり触ったりと

五感をフルに使っていろいろなことを学んでいきます。

月齢にそった子どもの特徴を知って

是非、外遊びの参考にしていただきたい。

 

 

 

■1歳6ヶ月~2歳ごろの子どもの特徴

子どもの脳の発達は、1歳を過ぎたら

急速にスピードをあげます。

1歳6ヶ月ごろには、離乳期を終えて

大人に近い食事が食べれるようになります。

 

歩き始めたりと

子どもの成長には日々驚きます。

これからの時期は知能や運動機能の発達、

言葉を覚え始めます。

 

精神面にも成長が明らかになります。

例えば、気に入らないと激しく泣いたり、

人の物をとったり投げたりして

お母さんを困らせます。

心配になる行為でもありますが

それは自立心が芽生えてきた証です。

これから大きく成長していく上で

とても大事で楽しみな時期になります。

 

 

 

■3歳ごろの子どもの特徴

3歳を過ぎてくると、徐々に我慢することや

順番を待つことや守れるようになってきます。

この頃は、成長・発達の個人差が

大きい時期になります。

 

他の子どもとくらべたりせず、あせらないで

できたことをほめて子どもの成長を見守りましょう。

子どもは、大人や自分より年上の子の

することを見てマネをします。

周りにほめられることでも世界を広げていきます。

 

精神的にも発達してきたこの頃から

自立を目指して生活のリズムをつくりましょう。

日中は体を動かして夜はたっぷり眠りましょう。

睡眠中は成長ホルモンが多く分泌されます。

よく眠ると、朝御飯を食べる食欲がわきます。

そして日中の活動も活発になります。

 

 

生活のリズムをつけるのに

外遊びで体を使い脳も運動能力も高まります。

ボールを転がしたり、お花や草木に

触れたり、砂遊びをして五感を刺激します。

子どもは遊びを通して学んでいきます。

 

 

 

■外遊びのポイント

お出かけ前は、オムツを新しいものにかえ、

漏れ防止のためにもちょうどよいサイズを選びます。

外出先にオムツ交換をできる場所などを

調べておくと安心です。

 

外には、楽しいことと同じくらい

危険なこともたくさんあります。

子供から目を離さずによく気をつけよう。

同じくらいの親子がいたら緊張せず

気軽に接しましょう。

外には出会いがあります。

情報交換などもでき、子供を通して

他のママとも知り合いになれます。

 

 

 

■外遊び持ち物

・オムツ2枚くらい

・おしりふき

・飲み物

・おやつ

・タオル1~2枚くらい

・お着替え1セット

(お出かけの時間や季節で調節して下さい)

 

1歳、2歳、3歳の外遊びは知能、運動機能が発達します。

衣類が汚れるのは元気な証拠と

割りきって積極的に外へ出掛けよう。

 

 

 

子供と出かけるなら広い場所がいいですよ。

ここが近いなら是非行ってみて下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ひたち海浜公園 赤ちゃん 乳児 幼児も楽しめる【授乳室マップ】

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m