2019年最新 ライバル不在のタイ輸入ビジネス 驚きの利益率と独占市場


スポンサーリンク

この記事を読み終える時間: 2

 

今、一番おもしろいビジネスは間違いなく「タイ輸入ビジネス」です。

・高品質な商品

・利益の高い商品

・ライバルがほとんどいない

・少ないロット数でOEM(オリジナル商品作成)が可能

 

「中国輸入」や「せどり」「国内転売」ビジネスはライバルがどんどん増えています。

なかなか稼ぐことが難しくなっているのが現状でしょう。

でも、タイ輸入なら稼ぎ続けていくことも難しくありません。

タイ輸入を収入の柱の1つにすれば、安定した収入を増やすことができます。

ぜひタイ輸入を実践して、長く稼げるビジネスに取り組んでください。

 

タイ輸入は参入者がほとんどいない今がチャンス!

タイ輸入はどんな人に向いているの?

タイ輸入にはこういった方が向いています。

  • 新しいビジネスで脱サラしたい
  • イヤな上司と顔をあわせたくない
  • ウンザリする通勤電車には、もう乗りたくない
  • 同期や友人よりも圧倒的に稼ぎたい
  • タイの夜遊びを楽しみながら商品も仕入れて稼ぎたい。
  • タイのゴルフを楽しみつつお金も稼ぎたい
  • せどり、国内転売に疲れた
  • Amazonの価格競争に嫌気がさした
  • 自分のオリジナルブランド商品を作ってみたい
  • ビジネスをしたいけど何から手を付ければいいかわからない
  • ライバルが少なく、安心、安定した市場で販売したい

こういった方ならタイ輸入ビジネスを楽しんで実践できると思いますよ。

それではタイ輸入ビジネスの内容をチェックしていきましょう。

 

ライバルが参入できない理由

「せどり」「国内販売」「中国輸入」はライバルが増え続けている状態です。

でも、タイ輸入ビジネスは、実践しているライバルがほとんどいません。

ライバルがいないければ、高い利益で稼いでいくことができます。

でも、どうしてライバルが少ないのか?

それは、タイにはインターネットのショッピングサイトがないから。

タイの商品を買い付けようと思ったら、現地の店舗に行く必要があります。

だからタイ商品を販売できるライバルが殆どいないんです。

実際に私もタイ商品を仕入れる場合は、タイの店舗に行って仕入れます。

「毎回毎回タイに行って商品を仕入れるのはちょっと。。」と感じてしまうかもしれません。

でも、一度仕入れ先を決めてしまえばメールやLINEなどで発注することもできます。

だから、それほど頻繁にタイに行くわけではありません。

1回行くだけでも問題ありません。

でも、タイに行くのは大変そうだと思って参入しない人が多い。

タイ輸入ビジネスはライバルが増えることはないでしょう。

 

OEMは数個からでも作れてしまう

中国輸入でOEM(オリジナル商品作成)をしようとすると最低でも1000個は仕入れなければいけません。

「最低ロット1万個」ということも珍しくありません。

大量に商品を作っても売れ残ってしまったら。。

オリジナル商品を作りたくても、大量の在庫は抱えたくない。

そう思って自分の商品を作ることをあきらめてしまう人が多いです。

でも、タイ輸入なら数個から、あなただけのオリジナル商品を作ることができます。

商品の種類にもよりますが、「最低5個から」など少量のロットでOK。

OEMのリスクはほとんどありません。

リスクが少なく、あなただけのオリジナル商品を作ることができます。

手軽に自分自身のブランドを立ち上げることができます。

こんなビジネスは、ほとんど存在しないですよね。

 

 

タイ商品の品質がいい理由

私は中国商品も扱っていますが、タイ商品の品質は圧倒的に高いです。

タイ商品は熟練の職人が1つ1つ手作業で丁寧に作っています。

中国商品は100個仕入れると10~20個は不良品が出ます。

物販ビジネスをするうえで、不良品がでるのは頭がイタイ問題です。

でもタイ商品は不良品がほとんどありません。

不良品が無ければ損失もありませんし、商品に対するクレームも激減します。

これは実際にタイの工場に視察に行ったときの写真です。

どのように商品が作られていくのかも、自分の目で確認することができます。

 

商品はどうやって日本に送るの?

タイ輸入では代行業者を使うことが多いです。

仕入れた商品を日本に送ってもらうこともあります。

代行業者に依頼して商品を仕入れに行ってもらうこともあります。

ただ、相場よりも高い料金を取る悪質な業者もあります。

適当な代行業者を選んでしまうと、知識のないアテンドをあてがわれることもあります。

しっかりと信用のできる代行業者を使うことが大切になってきます。

 

タイ商品はどこで販売すればいいの?

Amazonでの販売

タイ商品はAmazonにもライバルがほとんどいません。

「せどり」「国内販売」「中国輸入」ではライバル同士の値下げ合戦で頻繁に値崩れが起きます。

ライバルとの戦いに疲れてしまった人には、タイ輸入は素晴らしいビジネスに思えるでしょう。

今までも、これからもタイ輸入ビジネスにはライバルが増えることはないでしょう。

タイ輸入は、長く安定して稼ぎ続けることができるビジネスです。

 

ヤフオクでの販売

タイ商品はヤフオクでも販売してくことができます。

ヤフオクでもライバルが少ないので、出品すればたくさんのアクセスが集まります。

利益率も高く、利益率50%を超えることも多いです。

利益率80%ということも珍しくありません。

これは実際に商品を出品したときの例です。

 

メルカリでの販売

タイ商品はメルカリでも販売していくことができます。

仕入れ値は「8,000円」で「23,000円」で販売の商品です。

こういった高利益率の商品がたくさんあります。

メルカリを使ってタイ商品を販売していくだけでも、

十分な利益を上げていくことができます。

販路を増やしていけば、それだけ収入も上がっていきます。

 

タイ輸入では何を仕入ればいい?

 

タイで仕入れといっても何を仕入れればいいかわからないですよね。

タイではこういった商品を仕入れることができます。

  • シルバー
  • 革財布
  • 革バック
  • 革ベルト
  • アパレル
  • 水着
  • シューズ
  • 食器
  • 雑貨

他にも色々なジャンルの商品がありますが、上記の商品を仕入れていくといいですね。

アパレル商品や水着といった商品も品質が良く安く仕入れることができます。

日本からも多くの企業やバイヤーが商品を仕入れにきます。

いろいろな商品を扱って、ジャンルの幅を広げていくことができます。

 

タイビジネスをやってみたい方

  • タイ輸入ビジネスが気になる
  • タイ輸入ビジネスを始めてみたい
  • 海外が好きだからタイに行ってみたい
  • 自由に旅行をしながらお金を稼いでみたい
  • 新しいビジネスに挑戦したい

 

そういった方にも新しくビジネスに挑戦できるように

「タイ輸入ビジネス」のコンテンツをご用意しました。

 

私自身がこのコンテンツを使って何度もタイに行き、

実際に商品を仕入れて、商品をOEM(オリジナル商品の作成)もしてきました。

 

一人でもタイ輸入が出来るようになっていますのでぜひ、

コンテンツを手に入れてタイ輸入を実践してみてください。

タイ輸入ブルーオーシャンビジネスはこちら

 

タイ輸入コンテンツ&特典一覧

タイ輸入コンテンツの概要です。

簡単に抜粋しただけなので、詳しく確認したい方は募集ページをご覧ください。

メインコンテンツ

  • 初心者コンテンツ
  • タイ輸入準備 タイに行く必要な知識
  • タイ輸入準備 ビジネス環境
  • タイ商品のリサーチ編
  • タイ(バンコク)での仕入れ編
  • 商品の販売&テクニック編

 

購入者限定特典

  1. タイ輸入ビジネスセラーのリスト
  2. タイツアーの優先参加権利
  3. 教材の永久アップデート権
  4. タイ現地の日本人代行のサポート
  5. 1円出品で高額落札させる手法
  6. タイ商品で購入率を上げる戦略
  7. 商品の魅力を最大限に引き出す撮影手法
  8. タイ(バンコク)でお得な宿泊方法
  9. マイル構築セミナー
  10. タイ(バンコク)での夜の遊び(男性限定)

 

タイ輸入ブルーオーシャンビジネスはこちら

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m

コメントを残す