副業でタイ輸入 有休をとってバンコクへ商品を仕入れに行ってみた


スポンサーリンク

副業でタイ輸入 有休をとってバンコクへ商品を仕入れに行ってみた

どうも。

むつです。

 

「副業でタイに行ってきました!」

 

ブログの更新がすこし遅れてしまいましたが、実はタイ輸入ビジネスの準備をしていました。

 

「なんでタイ?」

と思われるかもしれませんが、今タイ輸入はめちゃくちゃ面白いことになっています。

実際にタイ輸入を実践してみて、かなり稼げるビジネスだと分かったので情報をシェアします。

 

タイ輸入とは

タイには高品質で安い商品が大量にあります。しかもライバルがすくないので利益が取りやすい。

 

タイ商品はそのまま仕入れて販売するだけでも、かなりの利益を狙っていくことができます。

中国商品だと利益率20%~30%あればいいところですが、タイ商品は利益率50%以上ということも普通にあります。

 

ライバルが少ないところを狙う

最近の中国輸入ビジネスではライバルが参入しすぎて、色々なところで価格崩壊が起きています。せっかく中国から商品を輸入したのに、いざ販売してみると値崩れして赤字になってしまうことも多い。

Amazonでは中国人セラーの嫌がらせやルール違反が横行していて、嫌気がさして物販をやめてしまった人もいます。

 

どの業界でもおなじことですが、商品の値段が下がりすぎると一部の力のある販売者しか稼ぐことができなくなってしまいます。体力のある大手がガンガン値下げをしてきたら私たち個人はとても対抗できませんし、簡単に潰されてしまうでしょう。

 

だから、私たちは出来るだけライバルの少ないジャンルを狙っていく必要があります。

その1つがタイ輸入です。

 

しかもタイにはインターネットサイトの環境が整っていないため、タイ商品を仕入れるためには基本的に現地に買い付けに行く必要があります。インターネットで簡単に商品が輸入できないからこそ、タイ輸入はライバルが少ない状態になっています。

 

「海外に買い付け」と聞くと、「いやいやいや、無理ですよ」と思ってしまうんじゃないでしょうか。その、「無理です」という思い込みが絶好の参入障壁になって、タイ輸入はライバルが少なく利益がとりやすい環境になっています。

 

初心者でも仕入れられた

ちなみに私は、今回のタイ輸入で初めて海外に行きました。

英語は得意ではないですし、タイ語もまったくわかりません。

しかもツアーではなく、1人で行きました^^

 

そう聞くと、旅行好きなバックパッカーとか旅人のような、ちょっと変わった人だと思われそうですが。。

私は普通のサラリーマンですし、ほとんど旅行もいかないインドア派です。

 

まさか、こんな形で初めての海外を経験するとは思いませんでしたが。初心者でもガッツリ商品を仕入れて帰って来ることができました。

今回は、ある程度売れるとわかっている商品を仕入れることができたので、これからの販売がめちゃくちゃ楽しみですね。

 

 

タイ輸入はとにかく楽しい

タイ バンコクの仕入れ街やマーケットは大量の商品が置いてあり何でもそろいます。

ここのマーケットには、世界中のバイヤーがタイ商品を買い付けに訪れます。

 

 

トゥクトゥクにのって街中を走り回ったり

 

 

屋台や寺院なども面白いです。

ワットポーという寺院の寝釈迦像はすごい迫力です。

異国の雰囲気を感じて楽しく遊びながら商品を仕入れられるなんて最高ですね。

 

タイ輸入はとても楽しかったので、今度は家族も連れてタイに行こうと思っています。

これからは、売れるタイ商品や仕入れの店舗など、タイの情報もどんどんお伝えしていきますね。

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m

コメントを残す