ネットビジネスで自由と成功を手に入れるためのブログ

子どもの運動神経を鍛える方法は?【原因は母親からの遺伝ではない】


スポンサーリンク

子どもの運動神経を鍛える方法は?【原因は母親からの遺伝ではない】

undoushinkei

 

 

「うちの子は運動が苦手だ。」

 

「運動神経が悪いのは母親のせいだ。」

 

 

 

子どもの運動神経の悪さの原因を

自分のせいにしていませんか?

 

運動神経は遺伝や生まれつきだと

思っていませんか?

 

 

父親、母親からの遺伝が原因ではありません。

 

じつは、子どもの運動神経を左右するのは

「幼児期の運動環境」が大きく関わっています。

 

運動神経がよい子に育つためには

いったいどうしたらよいのでしょう。

 

 

 

■運動神経が良い子

親も運動神経がないからと

子どもに運動神経を

求めない方もいるかもしれませんが、

運動神経は遺伝ではありません。

 

スポーツ選手の子どもが親と同じ

スポーツ選手になる場合は、生まれたとき

から運動する環境が整っていたからだと

いわれています。

 

 

運動神経なんて、日常生活にあまり影響が

ないのでは?と、

気にしない人もいます。

 

しかし、運動神経がよいことは、

自分の体を自由に動かせるので、

怪我をしにくいというメリットもあります。

 

 

とっさの動きなども機敏になり、危険を

避けれるということは、生きていくうえで

大事な武器になるのではないでしょうか。

 

子どもの運動神経がよいと親としても

安心できます。

 

 

 

■幼児期の運動環境

運動神経がよい子どもに育てるために

運動する環境を整えてあげることが

保護者の使命になります。

 

幼児期はスポーツをさせるのではなく、

遊びのなかで走ったり、跳んだり、

くるくる回ったり、ボールを投げたりと

体を動かす機会をたくさん作ってあげましょう。

 

 

 

■ボール投げでは何が鍛えられる?

ボール投げひとつでも様々な能力が

鍛えられます。

ball

 

ボールを使用することで、道具を上手に

使う識別能力をアップできたり、

その場に合わせて素早く動きを

切り替えられる(変換能力)

動いているものと自分の距離感を

図れます。(定位能力)

 

 

 

■遊びから得られる能力

ボール投げ、縄跳び、鬼ごっこなどを 

通して得られる能力を

「コーディネーション能力」と呼ばれます。

 

リズム能力、バランス能力、変換能力

反応能力、連結能力、定位能力、識別能力

の7つの能力があり、スポーツを行うとき

この7つの能力が組合わさり

運動神経が鍛えられていきます。

 

 

 

■最後に

難しく考えずに、まずは体を動かして

様々な動きを体験することが大事です。

 

5歳から8歳頃が子どもにとって大きく

運動神経が伸びる時期だと言われています。

 

 

この時期にボールを使ったりで鬼ごっこを

したり、子どもが楽しくのびのびと体を

動かせる環境を積極的に作ることが

運動神経をよくするポイントになります。

 

 

 

幼稚園、保育参観って初めてだとどうすれば…。

知っておくと役に立ちますよ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

保育参観 挨拶から入ろう【服装とマナーで失敗しないための行動】

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m


関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール(むつ の実績)

プロフィール(むつ の実績)

1か月の総売り上げ110万円突破!

Amazon 1ヶ月の売り上げ実績

Amazon 1ヶ月の売り上げ実績

ヤフオク アカウント① 1ヵ月の売上実績

ヤフオク アカウント① 1ヵ月の売上実績

ヤフオク アカウント② 1ヵ月の売上実績

ヤフオク アカウント② 1ヵ月の売上実績

中国輸入教材

中国輸入教材

中国輸入300ページ以上のマニュアル
期間限定無料プレゼント
⇒マニュアルを受け取る