在庫チェッカーの効率的な使い方と豪華特典まとめ


スポンサーリンク

この記事を読み終える時間: 3

 

どうも。

むつです。

 

あの「在庫チェッカー」の再販が決定しました。

ただ、残念ながら今回も1週間という期間限定での再販のようです。

無料リサーチツールで有名な「モノレート」を使っている方は多いです。

でも「モノレート」のデータは正確ではありません。

 

「確実に売れる商品を探す」ためには、

「モノレート」よりも正確なデータを使うべきでしょう。

 

在庫チェッカーは「確実に売れている商品」を探すことができるツールです。

 

どういった使い方ができるのか、

どうしたら「売れている商品」を探せるのかは

在庫チェッカーのページを確認したほうが分かりやすいでしょう。

在庫チェッカーはこちら

 

在庫チェッカー

モノレートでAmazonの商品データを確認できないことは結構あります。

モノレートで商品をチェックしても

「なんだ。この商品全然売れてないじゃん」

と思ってスルーしてしまうという方も多いです。

 

例えば、Amazonで「バリエーション」が組まれた商品ページ。

「バリエーション」が組まれたページは、

モノレートにデータが反映されません。

 

こういった感じでグラフが全然動いていません。

 

でも、この商品のランキングは高いです。

同じカテゴリで同じくらいのランキングの商品を見てみましょう。

モノレートのグラフに反映されていて、

「売れている商品」ということが分かります。

 

Amazonの商品ページを作るときにあえてバリエーションを組んで、

ライバルにモノレートからデータを読ませないようにしていることも多いです。

 

「モノレート」無料で超高性能のツールですが、

やはり無料のものはで限界があります。

 

「モノレート」だけを見てリサーチしていると、

「大量の売れる商品」を見落としてしまいます。

 

「モノレート」でデータが見えない商品でも、

在庫チェッカーに登録すれば在庫チェッカーが毎日毎日、

確実な販売データを調べてくれます。

 

在庫チェッカーで丸見えに

それでは、在庫チェッカーで実際の商品をチェックしてみましょう。

 

他のバリエーションの在庫数もわかるようになっていますね。

一日前に茶色のキーカバーは3個売れていました。

このように在庫チェッカーは「実際に売れた数」を自動で集め続けてくれます。

 

データを隠すユーザーの商品を徹底的に調べる

モノレートからデータを隠すユーザーの扱っている商品を調べてみましょう。

多くの場合は、商品を独占的に販売して稼いでいることが多いです。

そういった売れている商品を扱っているセラーの商品を徹底的にモデリングします。

 

簡単にいってしまうと、「売れている商品をパクる」ということですね。

儲かっている商品を扱っているセラーは、

ほかにも儲かっている商品を沢山扱っていることが多いです。

 

さらに扱っているほかの商品も在庫チェッカーで

まとめてチェックしてしまいましょう。

 

ライバルセラーの商品は「ASIN Grabber Light」を使って引き抜きます。

 

「ASIN Grabber Light」の使い方

キーワードから商品データを集める

「ASIN Grabber Light」を使えば、Amazon商品のASINコードをあっという間に集めることができます。

 

試しに「ASIN Grabber Light」でAmazonのページから

商品のASINデータを集めてみましょう。

 

今回はAmazonの検索窓で「ノーブランド」と入力して検索してみます。

 

商品の一覧が表示されたら、Google Chromeに表示される「ASIN Grabber Light」アイコンを選択します。

すると、Amazonのページ一覧に表示された商品のASINコードが表示されます。

「Select All」を選択するとASINコードをコピーすることができます。

コピーしたASINコードは「メモ帳」や「Excel」に貼り付けましょう。

 

取得できるASINコードは、ページに表示された商品のASINコードだけです。

他の商品のASINコードを集める場合は、次のページ、次のページと移動してASINコードを集めましょう。

 

 

ライバルセラーの商品データを集める

次は、ライバルの商品一覧データを抜き出してみましょう。

 

Amazonの商品ページから、出品者一覧のページに移動することができます。

「新品の出品」を選択しましょう。

 

出品者の扱っている商品一覧を確認してみましょう。

今回はこちらの出品者を選択してみます。

 

さらに出品者の「ストアフロント」ページに移動します。

 

すると、そのセラーが扱ている商品一覧を確認することができます。

 

ここでGoogle Chromeに表示される「ASIN Grabber Light」アイコンを選択します。

「Select All」を選択すればセラーが扱っている商品の

ASINコードをコピーすることができます。

 

 

在庫チェッカーの特典1:キーワードコレクター

キーワードコレクターを使うとAmazonだけではなく、

ヤフーショッピング、価格.com、楽天などのサイトから

よく検索されるキーワードを集めることができます。

 

検索されるキーワードは、お客様が探しているモノということです。

検索ボリュームが多い商品は売れる商品でもあります。

 

また、まだ見つけられてない商品情報も集めることができるようになります。

 

キーワードコレクターで出来ること

 

在庫チェッカーの特典2:ClipZone

Amazonで商品リサーチ作業をしていると、

いちいちExcelなどにデータを張り付けなければいけません。

これが結構大変で面倒なんですよね。

 

また、あとでデータをまとめようと思っていて

間違って「×ボタン」を押して閉じてしまうことも。

 

大量にリサーチをしているとこういったミスもよくあります。

でも、「ClipZone」を使えばボタンをワンクリックするだけで商品情報を記録出来ます。

「ClipZone」を使えばExcelにコピペコピペと地味な作業をせず、

効率よくリサーチだけに集中できます。

「ClipZone」の詳細な使い方はこちらの動画を確認し手見てください。

 

在庫チェッカー購入特典まとめ

05/23までに在庫チェッカーを手に入れる

  • キーワードコレクター
  • ClipZone(クリップゾーン)

上記の特典を手に入れることができます。

 

05/28までに在庫チェッカーを手に入れる

  • ClipZone(クリップゾーン)

上記の特典を手に入れることができます。

在庫チェッカーはこちら

 

今回の再販を見逃さないために

在庫チェッカーは1年に一度、1週間限定で販売されます。

次に再販されるのは1年後、もしくは数年後になってしまうかもしれません。

 

在庫チェッカーを使って、100万円という収入を達成できるなら

今回の販売期間を逃すと1年間で1000万円以上の損失にもなります。

 

「間違いなく売れている商品」という答えを知ってから

仕入れて販売するので、商品が売れないはずがないですからね。

 

どれだけ売れているのか確認できるので、

過剰在庫の仕入れをしてしまう心配もありません。

 

ツール代をケチってしまった結果、

  • 大切な時間を浪費してしまう。
  • 過剰在庫を抱えて赤字になってしまう。

といったことになりかねません。

 

手間も時間もかかるリサーチ作業はツールに任せてしまって

今までできなかったことにチャレンジしていきましょう。

在庫チェッカーはこちら

 

 

今ならメルマガ登録して頂いた方限定に

「サラリーマンでも主婦でも自宅で稼ぐための教科書」

「今すぐ月商10万円アップさせる3つの商品データ」

をプレゼント。

 

フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

↓ ↓ ↓

02_cover_manual_3_m

コメントを残す